北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

ハサミでブドウを採る親子

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。

 滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、ハウスで60アールを作付けしている。主な品種は、ポートランド、バッファロー、サニールージュ、旅路で今月下旬までが食べごろ。以降はナイヤガラやキャンベル・アリー、竜宝が10月中旬まで楽しめるという。

 今年は雨が少なく、気温が高めに推移。現在まで台風の被害もなく、順調に生育している。阿野園主は「例年よりも1週間ほど早い。日射量も多く、甘みもよく出ている」と笑顔を見せる。

 現在はプルーン狩りも実施。予約も順調だという。「もぎたてのおいしさを味わって」と阿野園主は呼び掛けている。

 家族と訪れた札幌市の石田翔惟君(小学3年生)は「甘くておいしい。いろんな種類を食べたいな」と満面の笑みを浮かべていた。

 くだもの村の入園料は大人880円、小学生680円、3歳以上480円。問い合わせはくだもの村、電話0142・66局2333番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

希少大豆の豆腐を帯農生徒が試食販売 フクハラで好評【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長、生徒587人)が栽培した希少な「青雫大豆」を使った豆腐の試食販売会が19日、帯広市内のぴあざフクハラ西帯広店で催された。数量限定だったが、時間内に完売した。  ス...

室蘭民報

室蘭民報社主催のJIMOTO愛キャンペーンがラルズ各店舗で開催【室蘭】

 室蘭民報社主催の「JIMOTO愛キャンペーン」が室蘭、登別、伊達市内のラルズ各店舗で開催されている。同店舗でサッポロビール商品を購入すると、抽選で温泉宿泊利用券や人気特産品など豪華賞品が当たる...

十勝毎日新聞

「ゆで落花生」発売へ グランナッツ初の加工品【帯広】

 産学官金連携で十勝の落花生産地を目指す「十勝グランナッツLLC(合同会社)」(帯広、田中一郎代表)は、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」を商品開発した。初の自社加工品で、十勝産落花生のおい...

室蘭民報

食育レストランEスプーンで「思いやりランチ」2種類の提供始める【伊達】

地元食材たっぷり  だて歴史の杜食育センター(伊達市梅本町)の食育レストランEスプーンは、月替わり定食「思いやりランチ」2種類の提供を始めた。いずれも同レストランの栄養士が考案したメニューで、...

室蘭民報

町内産リンゴが原料のアップルワイン、今年は3割増しで12月販売開始【壮瞥】

 壮瞥町の農商工業者、観光関係者らで構成する「そうべつシードル造り実行委員会」(川南和彦委員長)は昨年に続き、町内産リンゴを原料にしたアップルワイン作りに取り掛かった。昨年は2月だった販売は、ワ...