北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

札幌開建、学生に工事現場公開 新千歳、泉郷道路などで見学会

国際線地区で説明を受ける学生

 札幌開発建設部は19日、土木技術者を目指す専門学校の学生を受け入れ、管内の工事現場3カ所の現場見学会を行った。今回は千歳市内の新千歳空港と国道337号道央圏連絡道路の泉郷道路、三笠市内の新桂沢ダムでインフラ整備の様子を学生たちに公開。職員が公共工事の重要性や効果、工事の工夫を説明した。

 札幌工科専門学校の全1、2年生と教員の計64人が参加。札幌開建は2015年から同校向けに見学会を実施し、今年は胆振東部地震の中止を経て2年ぶりに開催した。

 このうち新千歳では拡張された駐機場と造成中の南側誘導路を見学。担当する千歳空港建設事業所の職員が駐機場のコンクリート路面を2種類にしたと紹介し、「冬はコンクリートを打てないので、工場から運び込んで工期を短縮した」と説明した。

 誘導路は深さ2メートルの地盤を入れ替えた。「400トンほどある飛行機の重さに問題なく耐えられるよう設計した」と話し、航空機のエンジンが噴射する強風を和らげる防風柵も解説した。

 質疑応答では空港ならではの施工の工夫を問われ、「工事は基本的に夜間に行うが、深夜便の離発着時はその都度退避したり、器材を移動させたりしている」と見えない努力を明かした。

 企業委託生で測量情報科1年の西村駿さん(30)は「工事の途中だから見られる円滑な施工の工夫を学べた」と感想を話した。学生たちは泉郷道路で情報通信技術(ICT)を活用した工事法にも理解を深めた。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...