北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

RFL室蘭で1200人が24時間ウオーク【室蘭】

「がん制圧」と「がんに負けない社会」を願い、閉幕したRFL2017室蘭=27日午前10時25分、室蘭市祝津町

 がんに負けない社会を目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)2017室蘭」(同実行委員会など主催、室蘭民報社など後援)は2日目の27日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭隣接広場で行われ、24時間歩き続ける「リレーウオーク」を終えた。閉会式では参加者1200人が、改めてがん制圧への願いを込めながら、11回連続開催となる来年の再会を誓った。

 26日午前10時にスタートした室蘭ウオーキング協会による「室蘭一周ウオーキング」を皮切りに、同日午後1時半からはRFL会場でも、がん撲滅を願いながら歩き続ける「リレーウオーク」がスタート。

 市内外のがん患者と家族、医療関係者、支援者ら27チーム、一般参加者、ボランティアを含む総勢1200人が、「がんに負けない」などの言葉を記した横断幕をたすき代わりにして、26日夜から27日朝にかけて交代で歩き続けた。

 「室蘭一周ウオーキング」出発から24時間後の27日午前10時には「ラストウオーク」がスタート。参加者は、涙ぐんだり、手を振ったりと達成感に浸りながら、「がんは24時間眠らない。患者は24時間闘っている」を改めてアピールした。

 閉会式では、稲川昭実行委員長が「がんで差別されない社会の実現に期待し、来年も元気にお会いしましょう」とあいさつ。参加者がハト形風船を空高く飛ばし、“希望のたすき”をつないだ喜びを胸に来年の再会を誓い合った。

 実行委によると、参加27チームによる合計歩行数は96万2017歩(万歩計で計測)で「約673キロの計算。室蘭―名寄の往復距離とほぼ同じ」。また、今年は252万2226円(27日現在)の善意が寄せられ、運営経費などを差し引き、日本対がん協会に寄付する。

父・健二さん、母・明美さんの遺影を掲げて「ラストウオーク」に参加する金子優奈さん(中央)=27日午前10時2分、室蘭市祝津町

◆――両親の遺志継ぐ金子さんきょうだい

 今年で第10回の節目を迎えた「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)2017室蘭」(同実行委員会など主催、室蘭民報社など後援)。患者や家族、医療関係者、ボランティアら室蘭や道内外から集まった総勢1200人の参加者は、思い思いに「10年」をかみしめた。

 伊達市の会社員、金子芳洋さん(25)と、優奈さん(14)=伊達中3年=のきょうだい。感慨もひとしおだ。母は、がんを患いながらも、RFL室蘭開催に向けて精力的に活動した初代実行委員長の明美さん(10年1月死去)。父は妻の遺志を継いで実行委員長も務めた健二さん(16年12月死去)だ。

 明美さんが亡くなり、2人は健二さんと毎年参加していた。しかし、健二さんも心不全で急死する。芳洋さんは「母の存在の大きさ、引き継いだ父の大きさを知った」と話す。

 リレーウオークでは、父母の遺影を持って参加。会場のあちらこちらから寄せられる「大きくなったね」との声に、優奈さんは照れくさそう。「皆さんには母の思いを引き継いでもらっている。来年は、自分も実行委員会のメンバーとして携わりたい」(芳洋さん)、「(母と同じ)看護師になりたい」(優奈さん)とそれぞれ誓う。

 会員制交流サイト(SNS)のコミュニティーから結成されたチーム「がんでもいいじゃん♪」のメンバー、藤山美和子さん(65)=足寄町。全国各地のRFLのうち毎年3、4カ所に参加するが、室蘭は初回から毎年訪れる。上咽頭や大腸にがんを患ったが、「(私にとって)がんは一生付き合っていくもの。うまく付き合うため、また参加します」。

 毎月第4土曜日に市立室蘭総合病院で活動している「がん患者と家族が集う会『Forever(フォーエバー)』」の副代表、池畠威大さん(58)=登別市栄町。第1回実行委メンバーだった妻・美幸さんは、第1回開催前に47歳でスキルス性胃がんで旅立った。あれから10年。「今年も(妻は)一緒に歩いてくれたと思う」

 RFL泉州実行委の会計、難波ゆき子さん(67)=大阪府貝塚市。サバイバー(がん経験者)の一人として、RFL室蘭には初参加。「(10回を経て)サバイバーと家族、医療関係者、若いボランティアの力が融合している」。開催への準備を進めるRFL2017大阪二色の浜(10月28、29日)に向け「少しでも参考にできれば」と話す。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...