北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

山形の姉妹校へ贈るジャガイモ収穫 木古内小で54年目【木古内】

イモを拾い集める子どもたち

 【木古内】木古内小学校(石岡一智校長、児童114人)の児童と保護者、教職員59人が18日、町新道の畑で、同校が姉妹校交流に取り組む朝暘(ちょうよう)第一小学校(山形県鶴岡市)に贈るジャガイモ(キタアカリ)1トンを収穫した。毎年ジャガイモを贈呈し、通算で54年目。児童は大きなイモを収穫し、歓声を上げていた。

 木古内小は、2011年に旧鶴岡小学校(町鶴岡)との統合に伴い、同小の取り組んでいた朝暘第一小との交流を引き継いだ。旧庄内藩士が1885(明治18)年から86(同19)年にかけて鶴岡地区に入植し開拓を担った縁で、旧鶴岡小と朝暘第一小の姉妹校交流が始まったのは1964年。65年11月に鶴岡小がジャガイモを送り、翌年、朝暘第一小から庄内柿が届いた。このほか両校の相互訪問なども行われ、89年には木古内町と鶴岡市の姉妹都市盟約に発展した。

 ジャガイモは今年、2、4、6年生67人が5月9日、3アールの畑に植え付けをし、1、3、5年生が収穫を担当。児童は畑を所有する東出洋一さん(町鶴岡)があらかじめ機械で掘り起こしておいたイモを拾い集め、中には10センチ以上の大きなものも手に取っていた。

 5年生の横田怜奈さんは「朝暘第一小学校のみんなに、カレーライスなどで食べてほしいと思いながら作業した。6年生になったら鶴岡市へ訪問してみたい」と話していた。

 東出さんは「6、7月は干ばつと低温で作柄を心配していたが、8月の好天で豊作になった」と話す。収穫したジャガイモは風乾し、24日に東出さんや保護者・教職員が選別、箱詰めして、250キロほど発送する予定。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス