北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

清水の歴史 バスで巡る 渋沢栄一ゆかりの地も【清水】

 清水町の歴史について学ぶ「文化史跡めぐりバスツアー」が18日に町内で開かれた。町民ら25人が参加し、町開拓の祖渋沢栄一ゆかりの地などを見学して回った。

十勝開墾合資会社の厩舎を見学する参加者

 今年度、4回シリーズで実施している町中央公民館講座「ふるさと講座~清水町の歴史探訪~」の第3回。郷土史の研究をしたいという町民の声をきっかけに企画され、初回は松浦武四郎の北海道探査、2回目は渋沢栄一と十勝開墾合資会社について座学で学んだ。

 この日のツアーでは大勝神社、青淵山寿光寺、松浦武四郎宿泊の地など5カ所を訪問。町教委の樋口尚樹社会教育課文化振興係長や関係者がそれぞれの場所の歴史について説明した。

 現在も渋谷牧場の牛舎として使われている旧十勝開墾合資会社熊牛農場厩舎(きゅうしゃ)では、同牧場代表の渋谷正則さん(58)が「祖父が十勝開墾合資会社の社員で、会社が解散した際この土地と厩舎を引き継いだ」と説明した。

 参加者は史跡に近づいてじっくりと観察。町内の坂下洋子さん(79)は「それぞれの時代についての話が聞けて楽しかった。自分の知らない話もあり、興味深かった」と話していた。

関連記事

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

十勝毎日新聞

「十勝小唄」レコードもう1種類発見 53年盤以前に制作か【帯広】

 「十勝小唄」を収めたレコードのうち、初期のものとされる1932(昭和7)年盤と53(昭和28)年盤の間に、もう1種類あったことが判明した。発見した帯広の参納弘義さん(80)=昭和ナツカシ館館長=...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス