北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

千歳基地に到着したFA18戦闘攻撃機

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪空軍指揮官のジェイソン・イーストホープ中佐(49)は「新たな友情を築きたい」と意欲を見せた。

 2018年10月の日豪外務・防衛閣僚会合(2プラス2)の共同声明に基づく訓練。同9月に計画した訓練が胆振東部地震の影響で中止し、今年の実施で合意していた。空自は第2航空団(千歳)のF15戦闘機10機、第3航空団(三沢)のF2戦闘機3機、豪空軍は第81航空団第77飛行隊(アンバレー空軍基地)のFA18戦闘攻撃機7機、約150人が参加する。

 20日は豪空軍のFA18戦闘攻撃機6機が、グアム米軍基地を経由して千歳基地に到着した。徳重広為智2航空団司令兼千歳基地司令をはじめ、千歳基地の隊員約600人が出迎える中、第77飛行隊長のイーストホープ中佐は到着あいさつで「誇りと名誉を感じる」と盛大な歓迎に感謝した。

 その上で「2年がかりで来ることができた。豪空軍と空自の関係の成長と強化を約束する」などと力強く述べた。さらに「すてきな文化、おいしい食事、(日本の)言葉を話すことも楽しみにしている」と交流の深化にも期待し、「こんにちは」などのあいさつは日本語で行った。

 徳重司令は「訓練を通じわれわれ日本とオーストラリアの防衛協力関係が、より深化することを期待している。武士道ガーディアンを共に実りあるものにしましょう」などと英語でスピーチ。2人は笑顔で記念のメダルを交換し、訓練への意気込みを新たにした。

 訓練期間は11日~10月8日。戦闘機による模擬戦闘訓練はこのうち、9月24日~10月4日の9日間。豪空軍は千歳基地から展開し、空自が通常使う積丹半島西方の北海道西方空域、日高南方の三沢東方空域で訓練する。早朝、深夜、土・日曜に訓練は予定していないという。豪兵は期間中、市内のホテルに宿泊する。

あいさつするイーストホープ中佐(左)と徳重司令

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...