北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

千歳基地に到着したFA18戦闘攻撃機

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪空軍指揮官のジェイソン・イーストホープ中佐(49)は「新たな友情を築きたい」と意欲を見せた。

 2018年10月の日豪外務・防衛閣僚会合(2プラス2)の共同声明に基づく訓練。同9月に計画した訓練が胆振東部地震の影響で中止し、今年の実施で合意していた。空自は第2航空団(千歳)のF15戦闘機10機、第3航空団(三沢)のF2戦闘機3機、豪空軍は第81航空団第77飛行隊(アンバレー空軍基地)のFA18戦闘攻撃機7機、約150人が参加する。

 20日は豪空軍のFA18戦闘攻撃機6機が、グアム米軍基地を経由して千歳基地に到着した。徳重広為智2航空団司令兼千歳基地司令をはじめ、千歳基地の隊員約600人が出迎える中、第77飛行隊長のイーストホープ中佐は到着あいさつで「誇りと名誉を感じる」と盛大な歓迎に感謝した。

 その上で「2年がかりで来ることができた。豪空軍と空自の関係の成長と強化を約束する」などと力強く述べた。さらに「すてきな文化、おいしい食事、(日本の)言葉を話すことも楽しみにしている」と交流の深化にも期待し、「こんにちは」などのあいさつは日本語で行った。

 徳重司令は「訓練を通じわれわれ日本とオーストラリアの防衛協力関係が、より深化することを期待している。武士道ガーディアンを共に実りあるものにしましょう」などと英語でスピーチ。2人は笑顔で記念のメダルを交換し、訓練への意気込みを新たにした。

 訓練期間は11日~10月8日。戦闘機による模擬戦闘訓練はこのうち、9月24日~10月4日の9日間。豪空軍は千歳基地から展開し、空自が通常使う積丹半島西方の北海道西方空域、日高南方の三沢東方空域で訓練する。早朝、深夜、土・日曜に訓練は予定していないという。豪兵は期間中、市内のホテルに宿泊する。

あいさつするイーストホープ中佐(左)と徳重司令

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...