北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

千歳基地に到着したFA18戦闘攻撃機

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪空軍指揮官のジェイソン・イーストホープ中佐(49)は「新たな友情を築きたい」と意欲を見せた。

 2018年10月の日豪外務・防衛閣僚会合(2プラス2)の共同声明に基づく訓練。同9月に計画した訓練が胆振東部地震の影響で中止し、今年の実施で合意していた。空自は第2航空団(千歳)のF15戦闘機10機、第3航空団(三沢)のF2戦闘機3機、豪空軍は第81航空団第77飛行隊(アンバレー空軍基地)のFA18戦闘攻撃機7機、約150人が参加する。

 20日は豪空軍のFA18戦闘攻撃機6機が、グアム米軍基地を経由して千歳基地に到着した。徳重広為智2航空団司令兼千歳基地司令をはじめ、千歳基地の隊員約600人が出迎える中、第77飛行隊長のイーストホープ中佐は到着あいさつで「誇りと名誉を感じる」と盛大な歓迎に感謝した。

 その上で「2年がかりで来ることができた。豪空軍と空自の関係の成長と強化を約束する」などと力強く述べた。さらに「すてきな文化、おいしい食事、(日本の)言葉を話すことも楽しみにしている」と交流の深化にも期待し、「こんにちは」などのあいさつは日本語で行った。

 徳重司令は「訓練を通じわれわれ日本とオーストラリアの防衛協力関係が、より深化することを期待している。武士道ガーディアンを共に実りあるものにしましょう」などと英語でスピーチ。2人は笑顔で記念のメダルを交換し、訓練への意気込みを新たにした。

 訓練期間は11日~10月8日。戦闘機による模擬戦闘訓練はこのうち、9月24日~10月4日の9日間。豪空軍は千歳基地から展開し、空自が通常使う積丹半島西方の北海道西方空域、日高南方の三沢東方空域で訓練する。早朝、深夜、土・日曜に訓練は予定していないという。豪兵は期間中、市内のホテルに宿泊する。

あいさつするイーストホープ中佐(左)と徳重司令

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...