北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最大級餅まきに過去最高の人出 みのり祭り【浦幌】

やぐらの上から盛大に餅をまく水沢町長ら

 秋の味覚を楽しむ浦幌町のイベント「第44回うらほろふるさとのみのり祭り」(同町観光協会主催)が22日午前10時から、町内のうらほろ森林公園で開かれた。開町120年を記念した祭りは、家族連れら過去最高の約3万6000人(主催者発表)の人出でにぎわった。

 メインイベントの“日本最大級”の餅まきと銘打った「みのりまき」は午前と午後に行われた。初回は午前11時、高さ約4メートルのやぐらの上から同協会の木下政憲会長をはじめ、水沢一広町長ら約20人が、秋サケやジャガイモなどの当たり券が入った1万5000個を下で待ち受ける来場者めがけて豪快にまいた。午後分も合わせて計3万個の餅をまいた。

 帯広市から家族4人で訪れた病院職員の小笠原一洋さん(39)、妻佑吏さん(41)は「食べものもおいしいし、子どもたちも楽しめる催しもたくさんあるので毎年楽しみにしている」と話していた。

 会場には農産物や水産物、飲食などの出店が軒を連ね、野菜類や秋サケの即売の他、焼きトウモロコシ、おやきの実演販売などに列ができた。

 午後0時45分からのラジオの公開録音では、ステージショーに歌手の半崎美子さん、お笑いコンビのテツ&トモらが出演し会場を盛り上げた。

関連記事

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

360度「桜」…迫力の展示徐々に 開幕へ準備本格化【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やデザインなど幅広い分野で活躍する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)は19日の開幕が迫り、会場となる...

室蘭民報

活センで「仲間展」始まる 感性光る8人の写真【室蘭】

 1966年(昭和41年)の設立後、活動歴が半世紀を超える写真愛好家グループ・フォトグループ室蘭の作品を集めた「仲間展」が14日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらん2階にある市民活動センターで...

十勝毎日新聞

蹴散らせコロナ 10月10日「大食い王」【幕別】

 目指せ、大食い王-。新型コロナウイルス禍でイベント中止が相次ぐ中、NPO幕別札内スポーツクラブと幕別清陵高校生徒会が、幕別町産のナガイモを使ったお好み焼きによる「大食い王決定戦」を企画した。...