北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧港開発の本社ビル、ニューオフィス奨励賞に 港のランドマーク機能など評価

ワンフロアのオフィスで社員間連携が推進

 苫小牧港開発(関根久修社長)の本社ビル(苫小牧市入船町)が、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が主催する第32回日経ニューオフィス賞北海道ブロックで奨励賞を受賞した。快適で機能的なオフィスと、現代的な建物や照明が苫小牧港のランドマーク(目印や象徴になる構造物)になっていると評価された。同社は「港のにぎわい創出につながれば」と喜んでいる。

 同社の本社ビルは苫小牧港・西港近くに2018年4月完成した。鉄骨造り3階建て、延べ床面積約2200平方メートルの社屋は1階に多目的ホール、2、3階にオフィスを配置している。設計に当たっては、16年に社内プロジェクトチームを設け、新本社ビル建設のテーマを▽安全、快適、効率的なオフィス環境▽社員の一体感の醸成▽地域貢献―と定め、建築設計会社と二人三脚で整備を進めてきた。

 新本社ビルは、部屋が分かれていた管理部門と営業部門をワンフロアに集約。窓の面積を広く取った開放的なオフィスには、簡易ミーティングテーブルを各所に配置するなど社員間の連携を促した。

 本社と運営している苫小牧西港フェリーターミナルの社内サーバーはデータセンターに移し、耐火書庫で火災による書類の消失を防ぐといった災害対応を図った。多目的ホールはイベント用に貸し出し、津波発生時など一時避難ビルとして地域に開放している。

 一般社団法人照明学会の照明普及賞を今年5月に受けており、2度目の受賞。同社総務部本社ビル管理室の滝谷卓室長は「社員全員がワンフロアで働くようになり、お互いの顔が見えて一体感が生まれてきた。デザイン性の高い外観が景観づくりに役立ち、港町がにぎわってもらいたい」と話す。

 同賞は通商産業省(当時)が旗振り役となって、社屋の快適かつ機能的なニューオフィス化推進活動を受け、1988年に創設された。今年度は北海道ブロックで5社が選ばれている。

関連記事

室蘭民報

プログラミング、親子ら体験 室蘭で教室【室蘭】

 小・中学生対象の無料プログラミング教室「CoderDojo室蘭」(NPO法人くるくるネット主催)が19日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらんで開かれ、親子5組が参加した。  CoderDo...

室蘭民報

感染対策徹底「名曲」奏でる 伊達高校吹奏楽局第47回定期演奏会【伊達】

 伊達高校吹奏楽局(高橋里菜局長)の第47回定期演奏会が20日、伊達市松ヶ枝町のだて歴史の杜(もり)カルチャーセンター大ホールで開かれ、局員8人が保護者らにこれまでの活動の成果を披露していた。 ...

室蘭民報

住民集うバス停ベンチ 八丁平プロジェクト始動【室蘭】

地域づくり、全市のモデルに  新興住宅地・室蘭市八丁平にベンチを置いて、地域コミュニティーを活性化しようと、地元の関係者が「八丁平ベンチプロジェクト」を立ち上げた。第1弾のベンチをバス停留所3カ...

十勝毎日新聞

「羊毛アート」と「音」共演 十勝ヒルズ「紡がれる森」【幕別】

 羊毛アートと立体音響によるインスタレーション「紡がれる森」が、27日まで幕別・十勝ヒルズ内の多目的ホール「がくや」で開かれている。マリンバ奏者の左藤優さん(音更町在住)らが「アートで地域を強くす...

十勝毎日新聞

縄文にバストリップ 古代農業と遺跡巡る【帯広】

 帯広市内にある貴重な遺跡群を巡り古代の農業について理解を深めるバスツアーが22日、川西地区を中心に開かれた。参加者は畑から出土した石器や縄文遺跡付近で自生している「野良ゴボウ」などを見学、帯広と...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス