北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2つの介護施設建設 しずない介護サービスが地鎮祭

地鎮祭でクワ入れする遠藤代表社員

 合同会社しずない介護サービス(遠藤敏弘代表社員、新ひだか町静内中野町)は26日、静内神森に小規模多機能型居宅介護と認知症対応型共同生活介護を行う施設を建設するため関係者による地鎮祭を行い、来年3月の完成に向けて工事中の無事故・無災害を祈願した。

 小規模多機能型居宅介護は、介護が必要になった高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう「通い」や「訪問」、「泊まり」を必要に応じて組み合わせて利用できる介護サービス。中心となる「通い」は自宅から送迎し、食事、入浴、レクリエーション、機能訓練などのサービスを提供し、機械浴槽(介護入浴機器)も完備する。定員は登録29人、通い18人(1日当たり)、泊まり9人(同)。スタッフは12~15人を予定。

 認知症対応型共同生活介護は、要介護者で認知症の状態にある人に、少人数(1ユニット9人)で家庭的な雰囲気の共同生活住居で、入浴や排泄、食事などの介護やその他の日常生活上の世話と機能訓練などを行う。定員は1ユニット9人。スタッフは8~10人を予定。

 建物は木造平屋建てで、全体面積は655・85平方㍍(うち小規模多機能型居宅介護264・16平方㍍、認知症対応型共同生活介護255・88平方㍍)で、しずない介護サービスの事務所なども入る。施設名は一人ひとりの利用者がその人らしい暮らしを手助けするという意味を込めて「凜(りん)」とした。

 国から小規模多機能型居宅介護と認知症対応型共同生活介護に3200万円ずつ計6400万円の補助交付を受け、約1億5千万円の事業費で建設。設計、管理、施工を真下建設、室内設備を不動木材店、水道を長嶺設備工業、電気を新興電気、ガスを武岡商店、屋根を外山板金工業が手掛ける。

 地鎮祭には遠藤代表社員のほか、真下建設の真下明社長ら工事関係者、細川勝弥町議会議長ら来賓など約30人が出席。神事で工事の安全を願い、遠藤代表社員と真下社長がクワ入れした。

 遠藤代表社員は「地域密着型サービスとして皆さんの期待に応えたい。できるだけ利用者は地域に出て、地域の方にもこちらへ来てもらいながら交流を図り、若い人の雇用の場にもしていきたい」と話し、開設後は認知症カフェの設置や近くにある静内第三中の生徒との交流の機会創出も計画している。

 開設は来年3月15日を予定しており、利用希望者は随時受付中。問い合わせはしずない介護サービス(☎0146・42・1910)へ。

施設の完成予想図

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...