北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

強化合宿スタート 東京五輪マラソン日本代表選手が千歳に

トラックを走る(左から)服部勇馬、中村匠吾、前田穂南、鈴木亜由子の4選手=25日、青葉陸上競技場

 東京五輪マラソン代表選考会(MGC)で代表に決まった選手の強化合宿が25日から千歳市真町の千歳青葉陸上競技場を中心に始まった。男子は中村匠吾(富士通)=MGC1位=、服部勇馬(トヨタ自動車)=同2位=、女子は前田穂南(天満屋)=同1位=、鈴木亜由子(日本郵政グループ)=同2位=と小原怜選手(天満屋)=同3位=の5選手。千歳市役所でのミーティングを終えた午後4時すぎからトラックで走り込みを行った。

 練習の合間に行った会見で中村選手は「日本代表の自覚を持ち、心と体を鍛え、来年の8月には100%の力が出せるよう期待に応えたい」と話し、服部選手も「けがや故障のないよう日本代表の自覚と覚悟をもって本番に臨みたい」と抱負を表した。 前田選手は「本番で自分の走りができるように頑張りたい」と語り、鈴木選手は「この合宿をスタートダッシュにしたい。自国開催の五輪に向かう覚悟をしっかり持ち、100%いい状態で臨めるようしっかり準備したい」と意気込んだ。さらに小原選手は「MGCではもう少しの差で代表をつかみ取れなかった。合宿は自分を見詰め直し、強くなるチャンス。胸を張って代表といえる走りをしたい」と力強く語った。

 日本陸連強化委員会長距離・マラソンの河野匡ディレクターは選手のサポート態勢に触れて「合宿の目的は機能的なチームづくり。100%の状態でスタートラインに立つという目標を達成したい」と語った。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...