北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

強化合宿スタート 東京五輪マラソン日本代表選手が千歳に

トラックを走る(左から)服部勇馬、中村匠吾、前田穂南、鈴木亜由子の4選手=25日、青葉陸上競技場

 東京五輪マラソン代表選考会(MGC)で代表に決まった選手の強化合宿が25日から千歳市真町の千歳青葉陸上競技場を中心に始まった。男子は中村匠吾(富士通)=MGC1位=、服部勇馬(トヨタ自動車)=同2位=、女子は前田穂南(天満屋)=同1位=、鈴木亜由子(日本郵政グループ)=同2位=と小原怜選手(天満屋)=同3位=の5選手。千歳市役所でのミーティングを終えた午後4時すぎからトラックで走り込みを行った。

 練習の合間に行った会見で中村選手は「日本代表の自覚を持ち、心と体を鍛え、来年の8月には100%の力が出せるよう期待に応えたい」と話し、服部選手も「けがや故障のないよう日本代表の自覚と覚悟をもって本番に臨みたい」と抱負を表した。 前田選手は「本番で自分の走りができるように頑張りたい」と語り、鈴木選手は「この合宿をスタートダッシュにしたい。自国開催の五輪に向かう覚悟をしっかり持ち、100%いい状態で臨めるようしっかり準備したい」と意気込んだ。さらに小原選手は「MGCではもう少しの差で代表をつかみ取れなかった。合宿は自分を見詰め直し、強くなるチャンス。胸を張って代表といえる走りをしたい」と力強く語った。

 日本陸連強化委員会長距離・マラソンの河野匡ディレクターは選手のサポート態勢に触れて「合宿の目的は機能的なチームづくり。100%の状態でスタートラインに立つという目標を達成したい」と語った。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...