北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

90代の小野夫妻、2時間かけて樽前山登頂 家族が同行心強い支えに

樽前山の東山ピークに到着した小野一郎さん(右から2人目)、ヤエさん(同4人目)ら=今月10日撮影(提供)

 苫小牧市錦岡の90代夫婦が樽前山(1041メートル)登頂を成し遂げた。家族に支えられながら7合目から約2時間かけて山頂に到達した。約40年ぶりの挑戦に成功した2人は「長年、麓から眺めてきた郷土の山。体力のあるうちに再び登れてとてもうれしい」と喜びをかみしめている。

 登頂したのは元酪農家の小野一郎さん(94)、ヤエさん(90)夫妻。一郎さんは山形県真室川町出身で、20歳だった1945年に来苫し、51年から錦岡の原野を開拓した。牧草地を整備し、乳牛を育ててきたが71年、農地の多くが住宅用地化され廃業。樽前山の麓にある自宅周辺の畑でジャガイモやニンジン、ハクサイ、大豆、小豆など野菜を栽培する生活をしてきた。現在も夫婦2人暮らしで農作業を続けている。

 樽前山登頂を果たしたのは9月10日。4年ほど前、ヤエさんが自宅庭から同山を眺め「元気なうちにみんなで登りたい」と家族に語ったのがきっかけで、70年代後半に家族や近所の知人と一緒に、外輪山まで登って以来という。

 登山メンバーはいずれも市内在住で、長男、次男、次男の妻、長女を加えた6人。万が一の事故も想定し、簡易的な担架と人を背負うことができるロープ、非常食、十分な水を持参。午前9時半に7合目駐車場をスタートした。

 当日の天気は快晴。小野さん夫妻は「普段の農作業で体力は十分」としっかりした足取りで、家族の手助けを受けず元気に登った。登山道の所々で水を飲んだり、あめ玉をなめたりして休憩を取りながら着実に進み、午前11時40分ごろ東山ピークに到達した。

 「よく晴れていたので頂上からの眺めは最高。支笏湖もきれいに見えた」と一郎さん。「体力を試す意味もあったが、思ったより楽に登れた。子どもたちが付き添ってくれたので心強かった」と言う。ヤエさんも「頂上まで来られてとてもうれしい。家族の協力に感謝している」と語る。 

 午後2時すぎ、7合目駐車場まで無事に下山。同行した家族と喜びを分かち合った。  「普段から父と母の元気な姿を見ているので、頂上まで登ることに不安はなかった」と錦西町に住む次男の敏明さん(62)。日新町在住で長男の重見さん(65)も「頂上からは苫小牧の街並みもよく見えて最高だった。両親の喜んでいた顔が忘れられない」と語る。

 樽前山7合目ヒュッテ管理人の鈴木統(はじめ)さん(67)によると「80代の登山者は多く見掛けるが、90代の夫婦というのは珍しい」という。 

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...