北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

活動団体賞&部門賞に輝く・シーニックバイウェイズ2018

授賞式でスピーチする栗原副会長

 天塩川シーニックバイウェイと宗谷シーニックバイウェイの連携プロジェクトで、自転車やカヌー、JRなど移動手段そのものを楽しんでもらう―という新しいスタイルの道北観光を提案する「きた北海道エコ・モビリティ」の推進「R3モニターツアー」が、シーニックバイウェイ北海道推進協議会による「ベスト・シーニックバイウェイズ・プロジェクト2018」の活動団体賞と部門賞(魅力ある観光空間づくり)を受賞した。

 同表彰は、シーニックバイウェイ北海道の推進へ、他ルートの模範となるルート活動を選出しているもの。

 指定・候補ルートを対象とした活動団体賞、指定ルートを対象とした部門賞(美しい景観づくり、活力ある地域づくり、魅力ある観光空間づくりの3部門)が設けられ、部門賞受賞ルートの中から最優秀賞を1件選出。併せて、シーニックバイウェイ各団体が、最も評価できる活動に対して投票する活動団体賞に選ばれた。

 天塩川、宗谷シーニックバイウェイによる「きた北海道エコ・モビリティ」の推進は、一次交通の衰退や二次交通の脆弱(ぜいじゃく)さを逆手に取り、移動そのものが観光となる新たな観光スタイル確立を目指す事業。スローな移動手段とすることで、地域への滞在時間の長期化、経済効果、周遊性などの向上も期待される。

 昨年9月、自転車で旭川から稚内宗谷岬を目指す「TEPPEN-RIDE(てっぺん・ライド)などと併せ、「R3モニターツアー」を実施。「川(River)」「道(Road)」「鉄路(Rail)」が並行する道北の地域性を生かし、カヌー、自転車、JRの三つの移動手段を楽しみながら、道北の美しい景観やグルメなどを満喫。好評を得た。

 審査の結果、昨年に続き部門賞に輝いた他、活動団体賞に選出。エントリーした各シーニックバイウェイから、最も評価できる活動に選ばれた。

 表彰式は20日にニセコ町で行われ、天塩川シーニックバイウェイルート運営代表者会議の栗原智博副会長らが出席、表彰を受けた。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...