北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

船上でアプリ開発…4~6日宮蘭フェリーハッカソン開催【室蘭】

船上で8チーム11作品のアプリが開発された昨年の「宮蘭フェリーハッカソン」

 室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は10月4~6日、室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリーに乗っている時間にスマートフォンアプリの開発をして楽しんでもらうイベント「宮蘭フェリーハッカソン」を今年も開催する。船旅を楽しくするアプリの開発により、フェリーの利用増にもつなげたい考えだ。

 ハッカソンはソフトを開発する「ハック」と「マラソン」を合わせた造語で、プログラマーらが一定時間内にソフト開発し出来栄えを競う。フェリーを使ったハッカソンは大阪―別府で2年前に初めて行われ、宮蘭航路は昨年11月に続き2回目。室蘭市、商工会議所、観光協会で構成する同会議が主催する。

 昨年は8チームが11作品を完成させた。最優秀賞は東京の地理情報システムの企業チームで、AR(拡張現実)の技術を使い、スマホを向けた方向の観光施設など先に何があるか表示させるアプリ。船内では、子育て世代が利用できる設備などが探せる機能も加え、高く評価された。

 今回のテーマは「フェリー内で楽しめるアプリの開発」。限られた船内空間をどう生かすかがポイントとなりそうだ。既に市内の個人や室工大生、市外企業などから20人がエントリーし運営スタッフを含め約30人が宮古を目指す。

 4日の初日は室蘭発午後8時50分の便に乗船し、参加者でチームを作りアプリのアイデアを協議。宮古市到着後は現地取材や撮影に当たり、夜は同市の関係者と交流。最終日の6日は午前8時半に宮古港発。室蘭を目指しながらアプリを作成、船内で成果を発表し同日午後7時25分着の予定。

 昨年開発されたアプリの実際の運用は実現していないが、室蘭市企画財政部IT推進課は「昨年に続いて参加する人もおり、アプリの精度が高まれば本格導入も見込める」とみる。市は保有する情報の公開と活用促進に取り組んでおり「データの活用とフェリーの利用促進につながれば」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

名寄新聞

明かり楽しむ多彩な仕掛けを・2月15、16日に下川アイキャンM【下川】

 「しもかわアイスキャンドルミュージアム」は、2月15、16日の両日に開かれる。例年、金曜日からの3日間だった開催日を、今年は土・日曜日の2日間に短縮。会場も、多彩な催しを行う「フェスティバル」に...

名寄新聞

GW明けに宗谷本線観光列車・今年は「花たび そうや」【名寄・美深】

 JR北海道は、5月8日から6月7日までの毎週金・土・日曜日に宗谷本線で観光列車「花たび そうや」号を運行する。今年は自社車両の「山紫水明」シリーズ2両編成を使用し、期間の前半は旭川~音威子府...

十勝毎日新聞

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ【上士幌】

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...