北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

船上でアプリ開発…4~6日宮蘭フェリーハッカソン開催【室蘭】

船上で8チーム11作品のアプリが開発された昨年の「宮蘭フェリーハッカソン」

 室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は10月4~6日、室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリーに乗っている時間にスマートフォンアプリの開発をして楽しんでもらうイベント「宮蘭フェリーハッカソン」を今年も開催する。船旅を楽しくするアプリの開発により、フェリーの利用増にもつなげたい考えだ。

 ハッカソンはソフトを開発する「ハック」と「マラソン」を合わせた造語で、プログラマーらが一定時間内にソフト開発し出来栄えを競う。フェリーを使ったハッカソンは大阪―別府で2年前に初めて行われ、宮蘭航路は昨年11月に続き2回目。室蘭市、商工会議所、観光協会で構成する同会議が主催する。

 昨年は8チームが11作品を完成させた。最優秀賞は東京の地理情報システムの企業チームで、AR(拡張現実)の技術を使い、スマホを向けた方向の観光施設など先に何があるか表示させるアプリ。船内では、子育て世代が利用できる設備などが探せる機能も加え、高く評価された。

 今回のテーマは「フェリー内で楽しめるアプリの開発」。限られた船内空間をどう生かすかがポイントとなりそうだ。既に市内の個人や室工大生、市外企業などから20人がエントリーし運営スタッフを含め約30人が宮古を目指す。

 4日の初日は室蘭発午後8時50分の便に乗船し、参加者でチームを作りアプリのアイデアを協議。宮古市到着後は現地取材や撮影に当たり、夜は同市の関係者と交流。最終日の6日は午前8時半に宮古港発。室蘭を目指しながらアプリを作成、船内で成果を発表し同日午後7時25分着の予定。

 昨年開発されたアプリの実際の運用は実現していないが、室蘭市企画財政部IT推進課は「昨年に続いて参加する人もおり、アプリの精度が高まれば本格導入も見込める」とみる。市は保有する情報の公開と活用促進に取り組んでおり「データの活用とフェリーの利用促進につながれば」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス