北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

消費増税「移動の足」も駆け込み 定期券は販売額7割増【十勝】

値上げを控え、給油に並ぶ車列(ENEOS Dr.Driveセルフ大通7丁目店)

 10月の増税を前にガソリンや定期券など“移動の足”を確保する動きが出ている。十勝管内の多くのガソリンスタンド(GS)では10月1日に、増税分の転嫁でレギュラーガソリン価格がフル・セルフともに3円程度アップする。JR帯広駅では運賃値上げに伴う定期券の購入が増え、6カ月など長期の定期券に見直す動きも見られている。

 レギュラーガソリンのフルは150円から153円前後、セルフは132円から135円前後となる。産油国サウジアラビアの石油生産の一部停止を受けて仕切り値が上がり、管内では9月27日にセルフ価格が3円上がっていた。

 帯広市内の「ENEOS Dr.Driveセルフ大通7丁目店」(佐々木良太店長)では29日から、給油待ちの車列が見られ、例年同月比で約5~10%販売量が増えている。24時間営業だが、30日午後11時に閉店し、価格表示を変更し、1日未明から営業を再開する。佐々木店長は「増税前の価格で給油できる30日夜は混み合うのではないか」としている。

 JR北海道は増税に合わせて運賃を値上げする。普通運賃を平均15.7%、定期運賃を同22.4%値上げする。

 増収分は快速エアポートの増便や車両更新、維持困難線区の費用などに充てる。帯広駅発、十勝管内各駅への通学定期運賃(高校生1カ月)は15~31%の値上げとなる。

 料金改定を受け、定期券の累計販売枚数(29日時点)は昨年同月比50%増で、販売額は同70%増。6カ月定期は1カ月定期の約5倍の値段で買える割引がある。佐々木大輔帯広駅長は「値上げ幅の大きな定期券はこれまで1カ月を利用していた方が6カ月分まとめて買う傾向がみられ、販売額が伸びているのでは」と分析している。

 十勝バスによると、帯広・札幌間の都市間高速バス「ポテトライナー号」の回数券は9月後半に入り、売れ行きが好調。本社で販売する分は「通常の2~3倍の売れ行きではないか」(同社)とする。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス