北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

暗礁に乗り上げる民活導入 ハードル下げることも視野に-白老駅北観光商業ゾーン

観光インフォメーションセンターの建設が進む駅北観光商業ゾーン行政整備区域。隣接する民活導入区域の活用が進まない

 2020年4月の民族共生象徴空間(ウポポイ)開設に合わせ、白老町がJR白老駅北側に設ける「白老駅北観光商業ゾーン」への民間活力導入が暗礁に乗り上げている。飲食・物販分野の民活区域に参入する事業者が決まらず、加えて宿泊分野の区域にホテル建設を予定していた札幌の不動産投資会社が、自社の経営的事情から計画を白紙に戻すことに。ゾーンの全体構成が整わない状況でウポポイ開業を迎えることになりそうで、町は想定外の事態に困り果てている。

■宙に浮く民活導入区域

 同町若草町の駅北広場に設ける駅北観光商業ゾーンは、町のウポポイ周辺整備事業の主軸。全体面積1・5ヘクタールのうち1ヘクタールを行政整備区域として町が整備し、白老観光協会を指定管理者にした観光インフォメーションセンターを開設する。0・5ヘクタールについては民間活力導入区域として「宿泊」「飲食」「物販」用の区画を用意し、今年2~3月に事業者を公募した。

 宿泊分野については札幌の不動産投資会社パーフェクトパートナー(末岡由紀社長)が応募。木造2階建て延べ床面積約1000平方メートルで、客室数20室のホテルの建設を提案し、5月に町と事業協定を締結した。協定締結から6カ月以内に事業用定期借地権設定契約を町と結び、着工、来年春オープンの手はずとなっていたが、今月20日に同社が町に協定解除を申し入れた。

 事実上の建設計画の取りやめ方針に、同社の末岡社長は本紙の取材に対し「当社のホテル事業全体の見直しや縮小の方向性の中で、白老のホテル建設もいったん白紙に戻すことにした」と説明。資金調達が難しくなったことも背景にあるとみられるが、「当社としては(不動産投資などの)セミナーといった教育分野に力を入れていくことになり、(建設計画を白紙にするのは)事業の選択と集中という経営的観点の結果だ」と話した。

 同社と町の今後の協議で正式に破談となれば、宿泊分野の民活導入区域の活用は宙に浮く状況に。「飲食」「物販」用の区域についても、2度にわたり事業者を公募しても反応が鈍く、決まらない状態が続いている。町の肝煎り事業、駅北観光商業ゾーンへの民活導入は極めて厳しい局面を迎えている。

■要件見直しも視野に

 町の観光インフォメーションセンターは予定通り来年4月から本格運用を始める予定だが、ウポポイ開業に合わせた駅北観光商業ゾーン全体のオープンはかないそうもない。町は民活区域への参入事業者を再度公募する考えでいるが、「募集要件の見直しなどで参入のハードルを下げることも視野に入れて検討していきたい」と言う。

 これまでの要件では、土地(町有地)は借地とし、土地の造成や下水道整備、外構工事、施設の建設の全てを事業者が担う形となっており、地元経済界からも「事業者にとって初期投資が重すぎる」との声が出ているからだ。町商工会の熊谷威二会長はホテル計画の白紙化を受けて「ゾーンはこれからどうなってしまうのか」と懸念し、「事業者が参入しやすいよう要件を緩和することが必要ではないか」と指摘する。

 事業者が参入をためらう理由は、それだけではない。アイヌ文化復興拠点のウポポイは単なる娯楽施設とは異なる性格上、国が目標に掲げる年間100万人来場という数字に懐疑的な見方もある中で「ビジネスとして成り立つか」という不安が参入の壁となっている。まずは開業後の観光客の動向を様子見しようとする事業者も多いようだ。

 駅北観光商業ゾーンをウポポイとの連携による観光振興拠点に位置付ける町は、「民活導入の方針を変えることはないが、さまざまな角度から再検討していかなければならない」としている。

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...