北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「帯広の森」アジア景観賞 市民参加の森づくり評価【帯広】

 アジアの優れた景観を表彰する今年度のアジア都市景観賞に、帯広の森の取り組みが選ばれた。国連の機関などが主催する国際的な賞で、都市と自然が調和した市民参加の森づくりが高く評価された。

市民参加の森林づくりが評価されアジア都市景観賞に選ばれた「帯広の森」

 国連ハビタット福岡本部や福岡アジア研究所など4団体の主催。2010年から都市景観で優れた都市や地域、プロジェクトを選んでいる。今年度は7カ国・36件の申請があり、帯広の森など国内3件を含む計12件が受賞した。道内では3件目。

 受賞したのは「帯広の森造成事業~市民参加による都市と農村の交流エリアづくり」。帯広の森は1975年の造成開始以来、市民参加の植樹祭などを通して整備してきた。面積は東京ドーム85個以上の406.5ヘクタール。動植物は500種以上が生息しており、こうした一連の森づくりの活動を申請した。

 審査では、長期ビジョンに基づく持続性ある整備計画、市民と専門家、行政の連携、原生林の樹種を踏まえた生態系づくりなどの取り組みを評価。同事務局は「都市と自然のバランスを考慮し、街の活性化につなげている」としている。

 米沢則寿市長は「市民のつくりあげてきた帯広の森がアジアの代表的な都市景観として認められたことは大変名誉なこと。受賞を励みに、皆さんと力を合わせて豊かな都市の森づくりに取り組みたい」と話している。表彰式は11月23日に香港で開かれる。

 道内では過去に、札幌市の「モエレ沼公園」、上川管内東川町の「東川小学校・地域交流センターを核とした地域環境整備」が受賞している。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝の花」知って 振興条例、消費拡大にも期待【十勝】

 道の花き振興条例や「北海道花の日」(8月7日)の制定を受け、管内の切り花生産者らは「十勝の花」の認知度が向上することに期待を寄せている。畑作と畜産が圧倒的に主力の十勝で、花き栽培は地域農業の多様...

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生...

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

鮮やかな青に「月島機械」 ラッピングバスお披露目【室蘭】

道南バス、きょうから運行  道南バス(室蘭市東町)は11日、環境プラント・産業機械の月島機械(東京)のラッピングバスをお披露目した。きょう12日から市内3路線で運行する。  車体の前後と側面を...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...