北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「帯広の森」アジア景観賞 市民参加の森づくり評価【帯広】

 アジアの優れた景観を表彰する今年度のアジア都市景観賞に、帯広の森の取り組みが選ばれた。国連の機関などが主催する国際的な賞で、都市と自然が調和した市民参加の森づくりが高く評価された。

市民参加の森林づくりが評価されアジア都市景観賞に選ばれた「帯広の森」

 国連ハビタット福岡本部や福岡アジア研究所など4団体の主催。2010年から都市景観で優れた都市や地域、プロジェクトを選んでいる。今年度は7カ国・36件の申請があり、帯広の森など国内3件を含む計12件が受賞した。道内では3件目。

 受賞したのは「帯広の森造成事業~市民参加による都市と農村の交流エリアづくり」。帯広の森は1975年の造成開始以来、市民参加の植樹祭などを通して整備してきた。面積は東京ドーム85個以上の406.5ヘクタール。動植物は500種以上が生息しており、こうした一連の森づくりの活動を申請した。

 審査では、長期ビジョンに基づく持続性ある整備計画、市民と専門家、行政の連携、原生林の樹種を踏まえた生態系づくりなどの取り組みを評価。同事務局は「都市と自然のバランスを考慮し、街の活性化につなげている」としている。

 米沢則寿市長は「市民のつくりあげてきた帯広の森がアジアの代表的な都市景観として認められたことは大変名誉なこと。受賞を励みに、皆さんと力を合わせて豊かな都市の森づくりに取り組みたい」と話している。表彰式は11月23日に香港で開かれる。

 道内では過去に、札幌市の「モエレ沼公園」、上川管内東川町の「東川小学校・地域交流センターを核とした地域環境整備」が受賞している。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...