北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

竹中むかわ町長、リトアニア訪問 恐竜化石が縁、親書届く

親書を手にリトアニアとの交流発展へ意気込む竹中町長

 むかわ町の竹中喜之町長は、リトアニア共和国北部にあるアクメネ市との交流実現に向け10日、同国を訪問する。アクメネ市も恐竜化石が多く発掘されている地域で、むかわ町に交流を求める親書が届いた。町は、ビタリユス・ミトロファノバス地域市長と竹中町長の対談ができないか調整中で、竹中町長は「お会いして、どんな広がりができるか話したい」と期待している。

 町によると、きっかけになったのは、アクメネ市が日本のまちとの交流を希望し、駐リトアニア大使の山崎史郎氏に相談を持ち掛けたのが始まり。山崎氏は道の顧問を務めたこともあり、同市の地層から三畳紀の化石など多くの恐竜化石が発掘されている点でむかわ町と共通していることに注目。ハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)が見つかった同町を紹介した。

 話は進み、今年4月に道を通じて町に交流を求める打診があった。6月には市長からの親書も届き、「われわれアクメネ地域と交流関係を築いてみてはもらえないでしょうか」「(交流を通じて)むかわ町の人々の活力になり、アクメネ地域市民の協力が町の胆振東部地震からの復興の手助けになれば」と、前向きな内容が記載されていた。

 竹中町長は、北海道町村会の海外行政視察の一員として6~13日、自然再生エネルギーの先進国でもあるデンマークとリトアニアを訪問。11日にはリトアニアで地方自治体交流会が開催され、文化経済などに関する交流のきっかけ作りを行う予定となっている。竹中町長は「親書と震災に関する激励の言葉に対し、お礼をしたい。恐竜化石を通じてどう展開できるか。今回の視察を通じて元気のお土産を持ち帰りたい」と意欲を見せている。

 バルト3国の一つリトアニア共和国は、「命のビザ」で知られる故杉原千畝が在カウナス領事館に勤務していたこともあり、日本とは伝統的に良好な関係を築いている。これまでにクライペダ市と岩手県久慈市、カウナス市と岐阜県八百津町が姉妹都市提携を結んでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...