北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

竹中むかわ町長、リトアニア訪問 恐竜化石が縁、親書届く

親書を手にリトアニアとの交流発展へ意気込む竹中町長

 むかわ町の竹中喜之町長は、リトアニア共和国北部にあるアクメネ市との交流実現に向け10日、同国を訪問する。アクメネ市も恐竜化石が多く発掘されている地域で、むかわ町に交流を求める親書が届いた。町は、ビタリユス・ミトロファノバス地域市長と竹中町長の対談ができないか調整中で、竹中町長は「お会いして、どんな広がりができるか話したい」と期待している。

 町によると、きっかけになったのは、アクメネ市が日本のまちとの交流を希望し、駐リトアニア大使の山崎史郎氏に相談を持ち掛けたのが始まり。山崎氏は道の顧問を務めたこともあり、同市の地層から三畳紀の化石など多くの恐竜化石が発掘されている点でむかわ町と共通していることに注目。ハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)が見つかった同町を紹介した。

 話は進み、今年4月に道を通じて町に交流を求める打診があった。6月には市長からの親書も届き、「われわれアクメネ地域と交流関係を築いてみてはもらえないでしょうか」「(交流を通じて)むかわ町の人々の活力になり、アクメネ地域市民の協力が町の胆振東部地震からの復興の手助けになれば」と、前向きな内容が記載されていた。

 竹中町長は、北海道町村会の海外行政視察の一員として6~13日、自然再生エネルギーの先進国でもあるデンマークとリトアニアを訪問。11日にはリトアニアで地方自治体交流会が開催され、文化経済などに関する交流のきっかけ作りを行う予定となっている。竹中町長は「親書と震災に関する激励の言葉に対し、お礼をしたい。恐竜化石を通じてどう展開できるか。今回の視察を通じて元気のお土産を持ち帰りたい」と意欲を見せている。

 バルト3国の一つリトアニア共和国は、「命のビザ」で知られる故杉原千畝が在カウナス領事館に勤務していたこともあり、日本とは伝統的に良好な関係を築いている。これまでにクライペダ市と岩手県久慈市、カウナス市と岐阜県八百津町が姉妹都市提携を結んでいる。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...