北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

甘さ、大きさにビッ栗、伊達栗園がきょう本オープン【伊達】

近年最高の出来という大ぶりの実を付けた栗の木と志田原ツタ子さん=9月28日午前、伊達栗園

 伊達市郊外にある伊達栗園(西関内町303)が出来秋を迎えた。500円玉を優に超えるつやつやと光る栗がイガを割るように顔をのぞかせている。栗拾いが本格的に体験できるのは道内でもここだけとあって、来園客がその大きさに驚きながら、火ばさみで次々と拾っている。

 今季はきょう3日に本オープンする。大粒で甘みが強い「道南一号」が収穫期を迎えている。今月中旬までの毎日、午前9時~午後3時。入園は無料で、拾った栗は1キロ当たり600円で購入できる。

 栗園は、先代の志田原幸宏さんが先見の明を持って野菜農家から転向したのが始まり。いまは長男の英樹さん(56)らが約4ヘクタールの園地に3種500本弱を家族ぐるみで育てている。

 今季は穏やかな天候に恵まれ、例年の台風による被害もなく近年で最高の出来という。英樹さんの母・ツタ子さん(80)は「ことしは粒が大きくてね。何事もなく育ってくれて本当に良かった」と頬を緩めた。春先から剪定(せんてい)と防除、施肥を全て手作業で休みなく続けてきただけに、喜びはひとしおという。

 気の早い常連客が9月下旬から遠くは札幌や函館などから訪れ、一度に15キロ拾っていく人も。用途を尋ねると、栗ごはんや渋皮煮に調理し、残りは近所の人におすそ分けするという。

 栗園は伊達市の中心部を走る国道37号から道道滝之町伊達線に入り、壮瞥町に向かう途中の道路右手にある赤いのぼり旗が目印。雨天時は休園。

 問い合わせは伊達栗園、電話0142・25局3110番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...