北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

甘さ、大きさにビッ栗、伊達栗園がきょう本オープン【伊達】

近年最高の出来という大ぶりの実を付けた栗の木と志田原ツタ子さん=9月28日午前、伊達栗園

 伊達市郊外にある伊達栗園(西関内町303)が出来秋を迎えた。500円玉を優に超えるつやつやと光る栗がイガを割るように顔をのぞかせている。栗拾いが本格的に体験できるのは道内でもここだけとあって、来園客がその大きさに驚きながら、火ばさみで次々と拾っている。

 今季はきょう3日に本オープンする。大粒で甘みが強い「道南一号」が収穫期を迎えている。今月中旬までの毎日、午前9時~午後3時。入園は無料で、拾った栗は1キロ当たり600円で購入できる。

 栗園は、先代の志田原幸宏さんが先見の明を持って野菜農家から転向したのが始まり。いまは長男の英樹さん(56)らが約4ヘクタールの園地に3種500本弱を家族ぐるみで育てている。

 今季は穏やかな天候に恵まれ、例年の台風による被害もなく近年で最高の出来という。英樹さんの母・ツタ子さん(80)は「ことしは粒が大きくてね。何事もなく育ってくれて本当に良かった」と頬を緩めた。春先から剪定(せんてい)と防除、施肥を全て手作業で休みなく続けてきただけに、喜びはひとしおという。

 気の早い常連客が9月下旬から遠くは札幌や函館などから訪れ、一度に15キロ拾っていく人も。用途を尋ねると、栗ごはんや渋皮煮に調理し、残りは近所の人におすそ分けするという。

 栗園は伊達市の中心部を走る国道37号から道道滝之町伊達線に入り、壮瞥町に向かう途中の道路右手にある赤いのぼり旗が目印。雨天時は休園。

 問い合わせは伊達栗園、電話0142・25局3110番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...