北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恵庭市、人口7万人到達 想定より1年早く達成

くす玉を割る原田市長(右)と野沢副議長(左)

 恵庭市の人口が3日までに7万人の大台に達した。想定より1年早く、1993年6月に6万人になってから26年3カ月を経ての到達となった。全国的に少子高齢化による人口減少が進む中、着実な増加は道内でも珍しい。切れ目のない宅地開発や札幌市、新千歳空港からも近く、暮らしやすい環境が人口を呼び込む要因になっている。人口7万人都市達成を祝って3日午前、市役所1階の市民課ロビー前で記念セレモニーがあり、今後のまちづくりへの弾みを付けた。

 道内34市中、市の人口規模は岩見沢市(8万866人、8月末)に次ぎ13番目。  セレモニーでは原田裕市長と市議会の野沢宏紀副議長がくす玉を割り、人口7万人の節目を祝福。市長はあいさつで「このまちにとってとても大きな区切り。7万人達成は先人の方たちとここにいる皆さまのおかげ」と感謝。今後の発展に向けて「未利用地の開発や支援、今年中に造成する戸磯工業団地への誘致も積極的に行うほか、豊かな自然などの魅力を発信し知名度を高めたい」と話した。

 市の住民基本台帳によると、9月30日現在の人口が7万9人(男3万4088人、女3万5921人)になった。世帯数は3万3728世帯。

 これまでの月末人口の推移を見ると、恵庭が町から市になった1970年11月末の人口は3万4810人。その後は恵庭テクノパークなどの工業団地の整備による企業進出と農地を市街化区域に編入した恵み野開発(79~90年)などで人口は急速に増加。87年3月末には5万人、93年7月末に6万人に到達した。この間、わずか6年4カ月だった。

 その後も、2002年のJR恵庭駅快速列車停車が大きな追い風となった市内黄金の宅地造成(95~2010年)や、恵み野里美地区の開発(13~15年)などを展開し、受け皿が充実。低廉な地価や、新千歳空港の従業員の増加、道都札幌市からの近さなども追い風となり、人口を増やした。

 近年は死亡数が出生数を上回る自然減となっているが、転入が転出を上回る社会増が堅調に続いている。

 10年度に策定し、17年12月に改定した人口ビジョンでは、20年に7万人のピークを迎える見通しだったが、今年に入ってから6万9000人台後半で推移。7万人到達が”秒読み”の段階となっていた。

 市の人口は転出が相次ぐ3月に減少した後、転入が集中する4月に増加し、その後微増していくのが例年の傾向。5月末は6万9816人、6月末は6万9825人、7月末は6万9877人、8月末は6万9942人。市によると9月29日の人口は6万9978人だったが、まとまった転入などで30日までに31人増加した。

恵庭市の人口推移(9月末)

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...