北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

タイのタレント来町 アイヌ文化をSNSで発信-白老

アイヌ民族の伝統料理を写真に収めるJANCHANさん(左から2人目)らタイの女性タレント=白老町のミナパチセ

 インターネットを活用した情報発信者として影響力を持つインフルエンサーで、タイのアイドルグループ「バンコクBNK48」の元メンバーJANCHAN(ジャンチャン)さん(25)ら同国女性タレント3人が2日、白老町に訪れた。道のインフルエンサー招聘(しょうへい)事業で来町し、アイヌ文化の魅力をインターネット交流サイト(SNS)でタイへ発信した。

 来町したのは、JANCHANさんのほか、日本のファッション雑誌「LARME(ラルム)」専属モデルを務めるクリスタさん(24)とアンナさん(22)。いずれも日本との関わりが深く、中でもJANCHANさんは北海道の情報発信に協力してもらう道の「ほっかいどうスマイルアンバサダー」に任命されている。

 3人はインフルエンサーとしても人気を誇ることから、来年4月の民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を念頭に、アイヌ文化の魅力をSNSで伝えてもらう道の招聘事業で来道。1、2日の日程を組み、1日に札幌市アイヌ文化交流センターを訪れ、翌日にウポポイ開設地の白老町へ足を運んだ。

 JANCHANさんらは同町の川沿生活館でアイヌ文様刺しゅうを体験した後、社台のコミュニティカフェ・ミナパチセを訪問。チェプオハウ(サケの汁物)、チェプイマニッ(サケの串焼き)、ユク(シカ肉)など、アイヌ民族の伝統料理にスマートフォンのカメラレンズを向け、若い女性の感覚でおしゃれに撮影した写真をインスタグラムに投稿した。

 一連の体験を経てJANCHANさんは「タイでは北海道のブランド力が高く、アイヌ文化のことも伝えていきたい」とし、クリスタさんも「アイヌ民族の料理はインスタ映えもするし、とてもおいしい。タイの人もサケの料理は大好きなので、受け入れられると思う」と話した。北海道に初めて訪れたアンナさんは「この土地の素晴らしい自然や居心地の良さをタイにアピールしたい」と意気込んだ。

 同行した道の担当者は「インフルエンサーの発信力が海外との経済交流拡大や観光客の増加につながれば」と期待していた。

 3人は、道産品アンテナショップ「どさんこプラザ」が入店するタイ・バンコクの高島屋で11月に開かれるイベントにも出演し、北海道をPRするという。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...