北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

タイのタレント来町 アイヌ文化をSNSで発信-白老

アイヌ民族の伝統料理を写真に収めるJANCHANさん(左から2人目)らタイの女性タレント=白老町のミナパチセ

 インターネットを活用した情報発信者として影響力を持つインフルエンサーで、タイのアイドルグループ「バンコクBNK48」の元メンバーJANCHAN(ジャンチャン)さん(25)ら同国女性タレント3人が2日、白老町に訪れた。道のインフルエンサー招聘(しょうへい)事業で来町し、アイヌ文化の魅力をインターネット交流サイト(SNS)でタイへ発信した。

 来町したのは、JANCHANさんのほか、日本のファッション雑誌「LARME(ラルム)」専属モデルを務めるクリスタさん(24)とアンナさん(22)。いずれも日本との関わりが深く、中でもJANCHANさんは北海道の情報発信に協力してもらう道の「ほっかいどうスマイルアンバサダー」に任命されている。

 3人はインフルエンサーとしても人気を誇ることから、来年4月の民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を念頭に、アイヌ文化の魅力をSNSで伝えてもらう道の招聘事業で来道。1、2日の日程を組み、1日に札幌市アイヌ文化交流センターを訪れ、翌日にウポポイ開設地の白老町へ足を運んだ。

 JANCHANさんらは同町の川沿生活館でアイヌ文様刺しゅうを体験した後、社台のコミュニティカフェ・ミナパチセを訪問。チェプオハウ(サケの汁物)、チェプイマニッ(サケの串焼き)、ユク(シカ肉)など、アイヌ民族の伝統料理にスマートフォンのカメラレンズを向け、若い女性の感覚でおしゃれに撮影した写真をインスタグラムに投稿した。

 一連の体験を経てJANCHANさんは「タイでは北海道のブランド力が高く、アイヌ文化のことも伝えていきたい」とし、クリスタさんも「アイヌ民族の料理はインスタ映えもするし、とてもおいしい。タイの人もサケの料理は大好きなので、受け入れられると思う」と話した。北海道に初めて訪れたアンナさんは「この土地の素晴らしい自然や居心地の良さをタイにアピールしたい」と意気込んだ。

 同行した道の担当者は「インフルエンサーの発信力が海外との経済交流拡大や観光客の増加につながれば」と期待していた。

 3人は、道産品アンテナショップ「どさんこプラザ」が入店するタイ・バンコクの高島屋で11月に開かれるイベントにも出演し、北海道をPRするという。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...