北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「楽しさ伝えたい」 日本野鳥の会苫支部が創立40周年

「地域の野鳥生息環境を守る40年だった」と鷲田支部長

 日本野鳥の会苫小牧支部(鷲田善幸支部長)は今年、創立40周年を迎えた。地域の自然環境の魅力を伝えながら野鳥の生息地を守る活動を続けてきた。節目を記念して6日、苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターで講演会を開催するほか、今月中に野鳥写真展、探鳥会(野鳥観察会)なども予定。3代目の鷲田支部長(69)は「これからも地道に、バードウオッチングの楽しさなどを伝えていきたい」と意気込んでいる。

 同支部は1979年8月に設立。同年5月、日本野鳥の会がウトナイ湖を野鳥の聖地「サンクチュアリ」の第1号に認定し同年6月、同湖畔のホテルで同会の全国大会が開かれると、支部設立の機運が一気に高まった。

 地域の野鳥愛好家有志によって支部が立ち上がってからはウトナイ湖、鵡川河口、出光カルチャーパーク(市民文化公園)、北大苫小牧研究林などで定期的に探鳥会を企画。市民と野鳥観察を楽しんできた。

 81年5月にはウトナイ湖畔の森に、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターがオープン。建設段階から注目を集め、大勢のボランティアが全国から集まって建物の外壁作りなどに協力した。84年には道開発局がウトナイ湖の環境に大きな影響を及ぼす懸念があった千歳川放水路計画を発表すると、同支部は速やかに放水路反対を表明。99年に同計画は中止が決定したが、鷲田善幸支部長は「当初はまさか(中止まで)10年以上かかるとは思いもしなかった」と振り返る。

 会員数はピーク時の2000年ごろに300人を超えたが、19年9月末時点では161人まで減少している。近年は高齢化が進み、野鳥観察に興味を持っていても団体には所属したがらない人が目立つという。

 「鳥は人間と違い自由に空を飛べる」「色や鳴き声も美しく、観察していて楽しい」などと、会員たちは野鳥の魅力を口々に。同支部は初心者向けの探鳥会を3年前にスタートさせるなどし、新規会員の獲得に努めている。

 講演会は6日午前10時から正午まで、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターで開催。北海学園大学人文学部の久井貴世客員研究員が「石狩低地帯にタンチョウが帰ってきた~古文書から探る昔タンチョウがいた頃の話~」をテーマに語る。

 このほか、支部会報「あおさぎ」の表紙画展、野鳥写真展を6日から27日までの土、日、祝日に同センターで実施。探鳥会は20日午後1時半から同湖周辺で開く。事前申し込みは不要で、参加希望者は当日、同センターに集合する。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...