北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民ら新病院に期待 「帯広中央」内覧会【帯広】

帯広中央病院が5日に開いた病院内覧会。地域住民、医療関係者ら約200人が訪れた

 帯広厚生病院の旧病院・救命救急センター棟を活用して開業した帯広中央病院(帯広市西7南8)の内覧会と開院祝賀会が5日、同病院と市内の北海道ホテルでそれぞれ開かれた。消化器内科、呼吸器内科、内部障害のリハビリや人工透析まで整った新病院で、訪れた地域住民や医療関係者からは「便利な場所に病院ができてうれしい。これから安心できる医療を提供して」「一緒に十勝の医療を守ってほしい」と期待が寄せられた。

旧「厚生」救急センター活用

 同病院は市内のおびひろ呼吸器科内科病院と黒澤病院が統合。内科系の回復期病院として誕生し、2日から外来診療を始めた。

 建物は、旧救命救急センター棟(7階建て)の6階までを使用。1階が外来診療と検査ゾーン、2階はリハビリセンターと透析センター、3階は内視鏡センター。

 4~6階は入院病棟。地域包括ケア病棟47床、医療療養病棟病床を46床、一般病床を55床で、回復期への対応を手厚くしている。

 内覧会に参加した人は、地域住民、医療・介護関係者ら約200人。帯広市内から訪れた大槻重治さん(78)は「病気で定期的に診てもらう必要があるので、バスで通える街中に立派な病院ができて良かった。通ってみたい」と笑顔で話した。

「地域に根差し」 祝賀会に130人

 祝賀会には、管内の医療・介護関係者ら約130人が出席した。帯広市医師会の稲葉秀一会長は「帯広中央病院は地域医療構想にのっとってつくり込まれた医療機関。十勝の医療が抱える課題に対応する病院が誕生したことをうれしく思う」と祝辞を述べた。

 病院管理者に就任した菅原好孝氏は「呼吸器内科、消化器内科、リハビリの3本柱で地域に根差した医療を提供する」とあいさつ。病院長の首藤龍人氏は「すべては患者さんのため、良質で優しい医療を目指す」と意気込みを語った。

北海道ホテルでの祝賀会では、参加者約130人を前に病院のトップが意気込みを語った

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...