北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民ら新病院に期待 「帯広中央」内覧会【帯広】

帯広中央病院が5日に開いた病院内覧会。地域住民、医療関係者ら約200人が訪れた

 帯広厚生病院の旧病院・救命救急センター棟を活用して開業した帯広中央病院(帯広市西7南8)の内覧会と開院祝賀会が5日、同病院と市内の北海道ホテルでそれぞれ開かれた。消化器内科、呼吸器内科、内部障害のリハビリや人工透析まで整った新病院で、訪れた地域住民や医療関係者からは「便利な場所に病院ができてうれしい。これから安心できる医療を提供して」「一緒に十勝の医療を守ってほしい」と期待が寄せられた。

旧「厚生」救急センター活用

 同病院は市内のおびひろ呼吸器科内科病院と黒澤病院が統合。内科系の回復期病院として誕生し、2日から外来診療を始めた。

 建物は、旧救命救急センター棟(7階建て)の6階までを使用。1階が外来診療と検査ゾーン、2階はリハビリセンターと透析センター、3階は内視鏡センター。

 4~6階は入院病棟。地域包括ケア病棟47床、医療療養病棟病床を46床、一般病床を55床で、回復期への対応を手厚くしている。

 内覧会に参加した人は、地域住民、医療・介護関係者ら約200人。帯広市内から訪れた大槻重治さん(78)は「病気で定期的に診てもらう必要があるので、バスで通える街中に立派な病院ができて良かった。通ってみたい」と笑顔で話した。

「地域に根差し」 祝賀会に130人

 祝賀会には、管内の医療・介護関係者ら約130人が出席した。帯広市医師会の稲葉秀一会長は「帯広中央病院は地域医療構想にのっとってつくり込まれた医療機関。十勝の医療が抱える課題に対応する病院が誕生したことをうれしく思う」と祝辞を述べた。

 病院管理者に就任した菅原好孝氏は「呼吸器内科、消化器内科、リハビリの3本柱で地域に根差した医療を提供する」とあいさつ。病院長の首藤龍人氏は「すべては患者さんのため、良質で優しい医療を目指す」と意気込みを語った。

北海道ホテルでの祝賀会では、参加者約130人を前に病院のトップが意気込みを語った

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス