北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住民ら新病院に期待 「帯広中央」内覧会【帯広】

帯広中央病院が5日に開いた病院内覧会。地域住民、医療関係者ら約200人が訪れた

 帯広厚生病院の旧病院・救命救急センター棟を活用して開業した帯広中央病院(帯広市西7南8)の内覧会と開院祝賀会が5日、同病院と市内の北海道ホテルでそれぞれ開かれた。消化器内科、呼吸器内科、内部障害のリハビリや人工透析まで整った新病院で、訪れた地域住民や医療関係者からは「便利な場所に病院ができてうれしい。これから安心できる医療を提供して」「一緒に十勝の医療を守ってほしい」と期待が寄せられた。

旧「厚生」救急センター活用

 同病院は市内のおびひろ呼吸器科内科病院と黒澤病院が統合。内科系の回復期病院として誕生し、2日から外来診療を始めた。

 建物は、旧救命救急センター棟(7階建て)の6階までを使用。1階が外来診療と検査ゾーン、2階はリハビリセンターと透析センター、3階は内視鏡センター。

 4~6階は入院病棟。地域包括ケア病棟47床、医療療養病棟病床を46床、一般病床を55床で、回復期への対応を手厚くしている。

 内覧会に参加した人は、地域住民、医療・介護関係者ら約200人。帯広市内から訪れた大槻重治さん(78)は「病気で定期的に診てもらう必要があるので、バスで通える街中に立派な病院ができて良かった。通ってみたい」と笑顔で話した。

「地域に根差し」 祝賀会に130人

 祝賀会には、管内の医療・介護関係者ら約130人が出席した。帯広市医師会の稲葉秀一会長は「帯広中央病院は地域医療構想にのっとってつくり込まれた医療機関。十勝の医療が抱える課題に対応する病院が誕生したことをうれしく思う」と祝辞を述べた。

 病院管理者に就任した菅原好孝氏は「呼吸器内科、消化器内科、リハビリの3本柱で地域に根差した医療を提供する」とあいさつ。病院長の首藤龍人氏は「すべては患者さんのため、良質で優しい医療を目指す」と意気込みを語った。

北海道ホテルでの祝賀会では、参加者約130人を前に病院のトップが意気込みを語った

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス