北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

若い力の視点でまちづくり 厚真町が旭大、同短大部と包括連携協定

旭川大学と包括連携協定を結び、関係を強固にしていく=8月に豊丘地区であった旭大生による実態調査から

 厚真町は、旭川大学と旭川大学短期大学部と包括連携協定を結ぶ。これまで旭川大が厚真町で行ってきた教育研究や地域でのボランティア活動などを充実させるだけでなく、大学が持つ資源の提供を受けることで双方の関係をより強固なものにし、よりよいまちづくりを進める。大学側との包括連携協定は2015年に締結した札幌市立大学に続いて2例目となる。

 町と旭川大の関わりは、2013年に町内で行われたふれあいサロン研修会で同大の教員が講師を務めたことが始まり。その後、豊丘地区を中心とした地域のコミュニティー調査実習やインターンシップ(職業体験)で学生を積極的に受け入れるなどして交流を図ってきた。

 今回協定を締結することによって、大学側としては講師の派遣や地域で行った調査内容の提供、インターンシップやフィールドワークを通じた地域サポーター、関係人口の創出などを期待。このほか、短期大学部には生活福祉や食物栄養の専攻、幼児教育学科があることから、「福祉施設や認定こども園の担い手としても人材を送り出せるのでは」と話す。

 町まちづくり推進課の担当者は「地域コミュニティーの中に入っていけるのが旭川大学の強み。10代後半や20代前半の新しい発想や新鮮な視点を持ち込むことで、地域の方々が元気になっていくような機会になれば」と波及効果を期待する。町の外部評価委員も務める同大の大野剛志准教授(43)=保健福祉学部コミュニティ福祉学科=は「旭川大学が持つ多様な教育資源を提供することで、これまで以上に多様な形で厚真のまちづくりに貢献できるのでは」と話している。

 調印式は8日午後2時から町総合福祉センターで予定している。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...