北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

若い力の視点でまちづくり 厚真町が旭大、同短大部と包括連携協定

旭川大学と包括連携協定を結び、関係を強固にしていく=8月に豊丘地区であった旭大生による実態調査から

 厚真町は、旭川大学と旭川大学短期大学部と包括連携協定を結ぶ。これまで旭川大が厚真町で行ってきた教育研究や地域でのボランティア活動などを充実させるだけでなく、大学が持つ資源の提供を受けることで双方の関係をより強固なものにし、よりよいまちづくりを進める。大学側との包括連携協定は2015年に締結した札幌市立大学に続いて2例目となる。

 町と旭川大の関わりは、2013年に町内で行われたふれあいサロン研修会で同大の教員が講師を務めたことが始まり。その後、豊丘地区を中心とした地域のコミュニティー調査実習やインターンシップ(職業体験)で学生を積極的に受け入れるなどして交流を図ってきた。

 今回協定を締結することによって、大学側としては講師の派遣や地域で行った調査内容の提供、インターンシップやフィールドワークを通じた地域サポーター、関係人口の創出などを期待。このほか、短期大学部には生活福祉や食物栄養の専攻、幼児教育学科があることから、「福祉施設や認定こども園の担い手としても人材を送り出せるのでは」と話す。

 町まちづくり推進課の担当者は「地域コミュニティーの中に入っていけるのが旭川大学の強み。10代後半や20代前半の新しい発想や新鮮な視点を持ち込むことで、地域の方々が元気になっていくような機会になれば」と波及効果を期待する。町の外部評価委員も務める同大の大野剛志准教授(43)=保健福祉学部コミュニティ福祉学科=は「旭川大学が持つ多様な教育資源を提供することで、これまで以上に多様な形で厚真のまちづくりに貢献できるのでは」と話している。

 調印式は8日午後2時から町総合福祉センターで予定している。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...