北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧出身作家・三部けいさんの「僕だけがいない街」 苫観光協会、2年連続コラボ未入力

僕だけがいない街の企画ポスターを持つ中村事務局次長

 苫小牧ゆかりの漫画家が描いた人気作品「僕だけがいない街」とのコラボ企画が、今年も苫小牧市内で11日から行われる。苫小牧観光協会が企画し、今年で2回目。昨年も行ったスタンプラリーは今回、行き先を事前に明かさない”シークレット”の設定。苫小牧駅南口の市まちなか交流センターココトマのカフェでは、室内の一部で作品をイメージした内装にするなど工夫を凝らし、ファンを中心に誘客をアピールする考えだ。

 同作品は、月刊漫画雑誌ヤングエースで2012年7月号から16年12月号まで連載されたサスペンス。苫小牧市出身の漫画家三部けいさんが描いている。作中には市科学センターや苫小牧美園小、商店街など苫小牧の風景が登場。映画やテレビアニメ、ドラマ化もされ、市内を訪れるファンの姿も多い。

 スタンプラリーは20年1月19日までの期間中、苫小牧観光案内所を含む市内4カ所を巡る内容。案内所以外の3カ所は事前には明かさず、スタンプ設置場所のパネルの内容をヒントに推理しながら探す要素を盛り込んだ。4カ所のスタンプを獲得した人には、同案内所から達成証明書が交付される。

 ココトマのコラボカフェでは午前11時から午後9時(ラストオーダーは午後8時)まで、作中の料理をイメージしたカレー(税込み950円)とサンドイッチ(同800円)、スイーツの盛り合わせ(同980円)を販売する。注文した人にはオリジナルコースター(4種類)をプレゼントする。11月10日までの期間限定。

 同協会によると、昨年のスタンプラリーには道外からファンを中心に約300人が参加したという。今回も趣向を凝らした内容で話題性を高める考えで、中村真也事務局次長は「新しいグッズも販売する。多くの人に来苫して作品楽しんでほしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...