北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中札内音頭40年ぶり復活 ふるさと会【札幌】

 1968年に制定されたものの、踊りの機会がなくなっていた「中札内音頭」が5日、札幌・中札内村ふるさと会(柳沼正直会長)により約40年ぶりに復活した。同会では「幻の『中札内音頭』がよみがえった。ふるさとの踊りとして広げていきたい」と話している。

札幌・中札内村ふるさと会のメンバーにより約40年ぶりに披露された「中札内音頭」

 中札内音頭は、開村20周年記念事業として村歌とともに歌詞を一般募集し、68年に完成。地域の行事などで踊っていたが、77年に行われた開村30周年1000人パレードで農協や商工会の婦人部らが踊ったのを最後に、踊る機会がなくなってしまったという。現在では村内でも同音頭を知る人が少なくなっていた。

 同ふるさと会の幹事の一人で元アナウンサーの伊藤治明さん(67)=札幌在住=が実家に眠っていた同音頭のソノシートを発見し、昨年の役員会で復活プロジェクトを提案。他の役員から賛同の声が上がり、伊藤さんがCDに編集した音源を基に曲や歌詞を知ることから始めたという。

 踊りの復元は、日本舞踊の経験がある富家けさ代さん(70)、小浦方美佐子さん(66)姉妹(いずれも札幌在住)が担当。当時の資料を探し、1000人パレードでの映像を見つけたが、映像では振りの一部しか確認できなかったため、オリジナルの振り付けも加えて完成させた。

 女性役員を中心に練習を重ね、同ふるさと会の懇親会で踊りを披露。「中札内音頭」の文字と村のキャラクター「ピータン」のイラストが入った法被を着てしなやかに踊ると、会場は大きな拍手に包まれた。

 来賓として出席した山崎恵司副村長は「村のことを大切に思ってくれているのが伝わった」と感激。富家さんは「粋な雰囲気にしたいと考えて振りを付けた。中札内村民や東京ふるさと会など、多くの人に踊ってもらいたい」と話していた。

伊藤さんが見つけた「中札内音頭」のソノシート(右)。振り付けの解説も作成

関連記事

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

十勝毎日新聞

「十勝小唄」レコードもう1種類発見 53年盤以前に制作か【帯広】

 「十勝小唄」を収めたレコードのうち、初期のものとされる1932(昭和7)年盤と53(昭和28)年盤の間に、もう1種類あったことが判明した。発見した帯広の参納弘義さん(80)=昭和ナツカシ館館長=...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス