北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

中札内音頭40年ぶり復活 ふるさと会【札幌】

 1968年に制定されたものの、踊りの機会がなくなっていた「中札内音頭」が5日、札幌・中札内村ふるさと会(柳沼正直会長)により約40年ぶりに復活した。同会では「幻の『中札内音頭』がよみがえった。ふるさとの踊りとして広げていきたい」と話している。

札幌・中札内村ふるさと会のメンバーにより約40年ぶりに披露された「中札内音頭」

 中札内音頭は、開村20周年記念事業として村歌とともに歌詞を一般募集し、68年に完成。地域の行事などで踊っていたが、77年に行われた開村30周年1000人パレードで農協や商工会の婦人部らが踊ったのを最後に、踊る機会がなくなってしまったという。現在では村内でも同音頭を知る人が少なくなっていた。

 同ふるさと会の幹事の一人で元アナウンサーの伊藤治明さん(67)=札幌在住=が実家に眠っていた同音頭のソノシートを発見し、昨年の役員会で復活プロジェクトを提案。他の役員から賛同の声が上がり、伊藤さんがCDに編集した音源を基に曲や歌詞を知ることから始めたという。

 踊りの復元は、日本舞踊の経験がある富家けさ代さん(70)、小浦方美佐子さん(66)姉妹(いずれも札幌在住)が担当。当時の資料を探し、1000人パレードでの映像を見つけたが、映像では振りの一部しか確認できなかったため、オリジナルの振り付けも加えて完成させた。

 女性役員を中心に練習を重ね、同ふるさと会の懇親会で踊りを披露。「中札内音頭」の文字と村のキャラクター「ピータン」のイラストが入った法被を着てしなやかに踊ると、会場は大きな拍手に包まれた。

 来賓として出席した山崎恵司副村長は「村のことを大切に思ってくれているのが伝わった」と感激。富家さんは「粋な雰囲気にしたいと考えて振りを付けた。中札内村民や東京ふるさと会など、多くの人に踊ってもらいたい」と話していた。

伊藤さんが見つけた「中札内音頭」のソノシート(右)。振り付けの解説も作成

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...