北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

コンペ6部門に91作品 来月1日から新千歳国際アニメ映画祭

コンペ6部門に91作品 来月1日から新千歳国際アニメ映画祭

 新千歳空港で開かれる第6回新千歳空港国際アニメーション映画祭(11月1~4日、実行委員会主催)の内容が8日、公表された。全6部門のコンペティションでは受賞候補に推薦された国内外の短編86作品、長編5作品を上映。制作者を招く招待上映、アニメ関連のイベントも展開する。

 映画祭はコンペティション、招待上映、国内線ビルで行うセンタープラザイベントの3分野で構成。国内線ビルの新千歳空港シアターやセンタープラザなど空港内5カ所で開く。

 コンペティションの作品応募数は84カ国・地域から短編2191本、32カ国・地域から長編50本となり、共に過去最多となった。今年は仮想現実(VR)や短時間動画の作品も多くそろった。

 招待上映では長編アニメ「音楽」の先行上映を迫力ある音楽ライブ用音響機器で企画。声優や監督などをゲストに作品に込めた思いや制作の舞台裏といったトークを繰り広げる。

 センタープラザ会場にはアニメの音声収録やeスポーツの体験コーナーを設ける。  前売り券は15日に発売。映画祭の詳細や前売り券購入方法などは新千歳国際アニメ映画祭ホームページで公開している。

 実行委名誉委員長の古川タク日本アニメーション協会会長は会見で「日本や世界のアニメの最前線の作品が集まり、大きな映画祭に成長した」と話した。

 5回目の昨年の応募作品はそれまでの過去最多で、短編は86カ国・地域から2043本、長編は25カ国・地域から49本が寄せられた。最も優れた作品に贈られるグランプリにレカ・ブシ監督(デンマーク)の「ソーラーウオーク」が輝いた。日本グランプリには和田淳監督の「秋アントニオヴィヴァルディ『四季』より」が選ばれた。

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...