北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

コンペ6部門に91作品 来月1日から新千歳国際アニメ映画祭

コンペ6部門に91作品 来月1日から新千歳国際アニメ映画祭

 新千歳空港で開かれる第6回新千歳空港国際アニメーション映画祭(11月1~4日、実行委員会主催)の内容が8日、公表された。全6部門のコンペティションでは受賞候補に推薦された国内外の短編86作品、長編5作品を上映。制作者を招く招待上映、アニメ関連のイベントも展開する。

 映画祭はコンペティション、招待上映、国内線ビルで行うセンタープラザイベントの3分野で構成。国内線ビルの新千歳空港シアターやセンタープラザなど空港内5カ所で開く。

 コンペティションの作品応募数は84カ国・地域から短編2191本、32カ国・地域から長編50本となり、共に過去最多となった。今年は仮想現実(VR)や短時間動画の作品も多くそろった。

 招待上映では長編アニメ「音楽」の先行上映を迫力ある音楽ライブ用音響機器で企画。声優や監督などをゲストに作品に込めた思いや制作の舞台裏といったトークを繰り広げる。

 センタープラザ会場にはアニメの音声収録やeスポーツの体験コーナーを設ける。  前売り券は15日に発売。映画祭の詳細や前売り券購入方法などは新千歳国際アニメ映画祭ホームページで公開している。

 実行委名誉委員長の古川タク日本アニメーション協会会長は会見で「日本や世界のアニメの最前線の作品が集まり、大きな映画祭に成長した」と話した。

 5回目の昨年の応募作品はそれまでの過去最多で、短編は86カ国・地域から2043本、長編は25カ国・地域から49本が寄せられた。最も優れた作品に贈られるグランプリにレカ・ブシ監督(デンマーク)の「ソーラーウオーク」が輝いた。日本グランプリには和田淳監督の「秋アントニオヴィヴァルディ『四季』より」が選ばれた。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...