北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧植苗に高級リゾート、23年開業へ 投資会社のMAプラットフォーム発表

MAプラットフォームが植苗地区に建設するリゾート施設のイメージ図(提供)

 苫小牧市植苗でリゾート開発を検討していた投資会社MAプラットフォーム(東京)は9日、同エリアで健康志向の高級リゾート施設を早ければ2023年にも開業させると発表した。新千歳空港に近接し、豊かな自然を生かした大規模リゾート計画の第1弾。主に外国人富裕層の需要を見込み、海外で高級スパ施設などを手掛けるシンガポールの企業が運営を担う。苫小牧市が掲げる国際リゾート構想に合致した取り組み。隣接地は市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の候補予定地でもあり、新たな事業展開に注目が集まりそうだ。

 同社は不動産開発大手の森トラスト(東京)の森章会長がオーナー。16年までに苫小牧市植苗にある道央道苫小牧東IC西側エリアの民有地約1000ヘクタールを取得。自然との共生を重視した滞在型高級ホテル構想を検討していた。

 計画では、約10年のスケジュールでホテルやコンドミニアム(分譲別荘)などの滞在施設と、森林を生かした散策路やホーストレッキングコース、スノーアクティビティ、診療所、温泉施設、森林セラピー施設などを整備する。

 工事は4期に分け、自然保護の観点から敷地全体の4%に当たる約40ヘクタールの開発にとどめる。

 このうち第1期は6・6ヘクタールのエリアに健康施設付き高級ホテル1棟、コンドミニアム2~3棟を建設する。客室は320~340室を想定している。第1期の事業費は概算で約400億円。ホテルの運営は、タイの高級スパ施設の手法を取り入れたリゾートを展開するシンガポール企業の「ジャヤソム」が携わる。デザイン監修は世界的な建築家の隈研吾氏に依頼予定。1年ほどかけて設計作業を進め、21年の着工を目指す。

 同社は「最大2500億円規模の投資の可能性を持った事業」と植苗地区を評価。苫小牧市が誘致を目指すIR候補予定地の隣接地という点には「第1期事業はIRに関係無く進めるが、IRが現実化した場合は関連性を持たせる可能性はある」と強調する。

 オーナーの森氏は「苫小牧の美しい森と貴重な野生動物は、癒やしと健康を求めるお客さまに理想的な環境。日本独自のエッセンスを加えたサービスを自然の中で提供したい」と意欲を見せる。

 人口減少時代の成長戦略として国際リゾート構想を掲げる苫小牧市の岩倉博文市長は、植苗地区の優位性を高く評価する内容に感謝し「地域経済の活性化や雇用推進、苫小牧のブランド価値の向上につながることを期待している」と話した。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...