北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧植苗に高級リゾート、23年開業へ 投資会社のMAプラットフォーム発表

MAプラットフォームが植苗地区に建設するリゾート施設のイメージ図(提供)

 苫小牧市植苗でリゾート開発を検討していた投資会社MAプラットフォーム(東京)は9日、同エリアで健康志向の高級リゾート施設を早ければ2023年にも開業させると発表した。新千歳空港に近接し、豊かな自然を生かした大規模リゾート計画の第1弾。主に外国人富裕層の需要を見込み、海外で高級スパ施設などを手掛けるシンガポールの企業が運営を担う。苫小牧市が掲げる国際リゾート構想に合致した取り組み。隣接地は市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の候補予定地でもあり、新たな事業展開に注目が集まりそうだ。

 同社は不動産開発大手の森トラスト(東京)の森章会長がオーナー。16年までに苫小牧市植苗にある道央道苫小牧東IC西側エリアの民有地約1000ヘクタールを取得。自然との共生を重視した滞在型高級ホテル構想を検討していた。

 計画では、約10年のスケジュールでホテルやコンドミニアム(分譲別荘)などの滞在施設と、森林を生かした散策路やホーストレッキングコース、スノーアクティビティ、診療所、温泉施設、森林セラピー施設などを整備する。

 工事は4期に分け、自然保護の観点から敷地全体の4%に当たる約40ヘクタールの開発にとどめる。

 このうち第1期は6・6ヘクタールのエリアに健康施設付き高級ホテル1棟、コンドミニアム2~3棟を建設する。客室は320~340室を想定している。第1期の事業費は概算で約400億円。ホテルの運営は、タイの高級スパ施設の手法を取り入れたリゾートを展開するシンガポール企業の「ジャヤソム」が携わる。デザイン監修は世界的な建築家の隈研吾氏に依頼予定。1年ほどかけて設計作業を進め、21年の着工を目指す。

 同社は「最大2500億円規模の投資の可能性を持った事業」と植苗地区を評価。苫小牧市が誘致を目指すIR候補予定地の隣接地という点には「第1期事業はIRに関係無く進めるが、IRが現実化した場合は関連性を持たせる可能性はある」と強調する。

 オーナーの森氏は「苫小牧の美しい森と貴重な野生動物は、癒やしと健康を求めるお客さまに理想的な環境。日本独自のエッセンスを加えたサービスを自然の中で提供したい」と意欲を見せる。

 人口減少時代の成長戦略として国際リゾート構想を掲げる苫小牧市の岩倉博文市長は、植苗地区の優位性を高く評価する内容に感謝し「地域経済の活性化や雇用推進、苫小牧のブランド価値の向上につながることを期待している」と話した。

関連記事

釧路新聞

若手数学者難問に挑む夏合宿【鶴居】

 国内の若手数学者4人が鶴居村の自然の中で難問の数式に挑む夏合宿が、昨年に続き廃校となった旧茂雪裡小学校の校舎で行われている。今回は2組の家族も同行。子供たちは川遊びや牧場体験を楽しみ、父親たち...

函館新聞

空から見る垣ノ島遺跡 南茅部支所公式ツイッターで動画配信【函館】

 函館市南茅部支所は、史跡「垣ノ島遺跡」を上空から撮影した動画を同支所公式ツイッター「カックウ(茅空)」に掲載している。「北海道・北東北縄文遺跡群」の世界文化遺産登録に向け、地元からもSNSを通...

函館新聞

函館の姉妹都市のカナダ・ハリファクス市、8月6日「平和の日」に【函館】

 今年で広島・長崎への原爆投下から75年を迎えたことを受け、函館市と姉妹都市提携を結ぶカナダ・ノバスコシア州の州都ハリファクス市で、8月6日が「平和の日」に制定された。日本時間の7日(現地時間6...

根室新聞

金刀比羅神社例大祭 厳かに神事行う【根室】

 根室金刀比羅神社で10日、例大祭の本祭が執り行われ、社殿で奉賛会や氏子総代など関係者らが参列した。今年は新型コロナウイルスの影響で、戦後初めて神輿行列が中止となった。  根室金刀比羅神社(...

根室新聞

加工開発の成果を民間に 振興センターが技術講習会【根室】

 市水産加工振興センターは6日、同センターで水産加工技術講習会を開いた。参加者らはマイワシを原料とした各種製品、小型カレイを原料とした乾燥珍味製品などの製造方法について学んだ。  市内事業者...