北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

国の交付金支給、洞爺湖と豊浦町がアイヌ文化発信に力【洞爺湖・豊浦】

建て替える予定の洞爺湖町の本町生活館

洞爺湖・本町生活館、共生施設に/豊浦・礼文華海浜公園、再整備

 国のアイヌ政策推進交付金の支給自治体に選ばれた洞爺湖と豊浦の両町。洞爺湖町は本町生活館を建て替えての共生拠点施設の整備、豊浦町は礼文華海浜公園の再整備などに取り組む計画で、アイヌ文化の発信に力を入れる。

 洞爺湖町への交付金額は2千万円。虻田地区にある老朽化が進む本町生活館を建て替える。共生拠点施設は、アイヌ民族の社会的地位の向上に尽力した、旧虻田町第1回名誉町民の白井柳治郎氏(1882~1966年)の功績をたたえる品々などの展示を計画している。

 施設内は慰霊祭(イチャルパ)ができる場などを設ける考え。本年度中に同生活館を解体。町はさらに来年度、隣接する文化交流会館を解体しその後、着工に入る予定。供用開始は2021年度(令和3年度)を目指す。町の企画防災課は「アイヌ民族の文化の振興、伝統の継承ができる施設にしていきたい」と話している。

 豊浦町への交付金額は2628万円。内訳は礼文華生活館の改修に1838万円、伝統的儀礼の開催場所である礼文華公園の再整備(基本構想)に790万円。再整備では、全天候型のイチャルパが実施できるような施設や、伝統的な住居建築「チセ」を模したバンガローを建設し、来場者にアイヌの生活を体験してもらうプランなどを思い描く。

 本年度中に基本構想などを策定する。同町の町民課は「カムイチャシ史跡公園など、町内の観光名所を巡るルートの開発も議論しながら進めたい」と話している。

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...