北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

国の交付金支給、洞爺湖と豊浦町がアイヌ文化発信に力【洞爺湖・豊浦】

建て替える予定の洞爺湖町の本町生活館

洞爺湖・本町生活館、共生施設に/豊浦・礼文華海浜公園、再整備

 国のアイヌ政策推進交付金の支給自治体に選ばれた洞爺湖と豊浦の両町。洞爺湖町は本町生活館を建て替えての共生拠点施設の整備、豊浦町は礼文華海浜公園の再整備などに取り組む計画で、アイヌ文化の発信に力を入れる。

 洞爺湖町への交付金額は2千万円。虻田地区にある老朽化が進む本町生活館を建て替える。共生拠点施設は、アイヌ民族の社会的地位の向上に尽力した、旧虻田町第1回名誉町民の白井柳治郎氏(1882~1966年)の功績をたたえる品々などの展示を計画している。

 施設内は慰霊祭(イチャルパ)ができる場などを設ける考え。本年度中に同生活館を解体。町はさらに来年度、隣接する文化交流会館を解体しその後、着工に入る予定。供用開始は2021年度(令和3年度)を目指す。町の企画防災課は「アイヌ民族の文化の振興、伝統の継承ができる施設にしていきたい」と話している。

 豊浦町への交付金額は2628万円。内訳は礼文華生活館の改修に1838万円、伝統的儀礼の開催場所である礼文華公園の再整備(基本構想)に790万円。再整備では、全天候型のイチャルパが実施できるような施設や、伝統的な住居建築「チセ」を模したバンガローを建設し、来場者にアイヌの生活を体験してもらうプランなどを思い描く。

 本年度中に基本構想などを策定する。同町の町民課は「カムイチャシ史跡公園など、町内の観光名所を巡るルートの開発も議論しながら進めたい」と話している。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス