北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

5度目で念願の警察官に 坂本さん「人のために」【帯広】

 小学生のころ、親戚を交通事故で亡くした音更出身の坂本百代巡査(25)がこの秋、帯広署に配属された。学生時代から憧れながら、何度も採用試験の壁にはね返された。「被害者に寄り添える人になりたい」。今月2日に帯広市内の柏林台交番で、念願の警察官人生をスタートさせた。

初任地に帯広署を希望し、「生まれ育った十勝で恩返ししたい」と意気込む坂本さん

 警察官を志すきっかけになったのは、2002年6月に足寄町の国道で起きた車の衝突事故。相手方の無謀運転で、親戚の二川清さん=当時(42)=ら4人が亡くなった。毎月遊びに行く親しい仲だっただけに「元気だった人が1人のスピード違反で命を奪われる」ことにショックを受けた。

 だが、後に母から「二川さんの奥さんは、事故を担当した警察官の温かい対応に『うれしかった』と言っていた」と聞き、警察官への憧れを抱いた。

 伊達市で過ごした高校時代には、車とぶつかる事故に遭った。当時は下宿暮らし。心細かったが、現場に駆け付けた男性警察官が優しく声を掛けてくれ、「人に安心を与えられる職業なんだ」と憧れを強くした。

 ところが、大学生と大学院生時代に受けた道警の試験に失敗した。それでも両親には「人のためになる仕事がしたい」と熱意を伝え続け、卒業後は銀行員として働きながら、5回目の挑戦で夢をかなえた。

 警察人生を前に、「実際に被害者を前にしたら、声を掛けることしかできないかもしれない」との不安もある。しかし、自身の経験から「気に掛けてくれる人がいるだけで、きっと心は軽くなるはず」。

関連記事

室蘭民報

天皇陛下即位の喜びはためく…胆振地方でも祝福の声【胆振】

 天皇陛下即位を内外に宣言する即位礼正殿の儀が行われた22日、青年皇族や皇太子として訪れたことのある胆振地方でも、それぞれの行事に関わった人から当時の様子とともに祝福の声が聞かれた。 思い出の新...

室蘭民報

ニクスで令和生まれのペンギン3羽がパレードデビュー【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)で令和生まれのジェンツーペンギンの子ども3羽が22日、人気アトラクションのペンギンパレードに初登場し、愛きょうのあるしぐさで来園者を楽しませた。  3羽は今...

室蘭民報

働く仲間と連携を、地域活性化フォーラム開催【室蘭】

 連合北海道主催の地域活性化フォーラムin日胆が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれ、人口減少が進む地方で働きながら、持続可能な地域を目指した活性化への取り組み、連携の在り方を探った。  3...

室蘭民報

エゾシカメニューコンテストに有珠山SAも出品【伊達】

 NEXCO東日本北海道支社とネクセリア東日本札幌支店主催の「第8回エゾシカメニューコンテスト」が21日、札幌市内で開かれた。伊達市の有珠山サービスエリア(SA)を含む道内高速道路10カ所のSA...

室蘭民報

伊達高弓道部・大島さんが初の全国大会射止める【伊達】

南北海道大会で優勝  伊達高校弓道部の大島梨々香さん(17)=2年=が、第41回北海道高校弓道選抜大会南北海道大会兼第38回全国高校弓道選抜大会南北海道地区予選会の女子個人で優勝した。初の全国...