北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

出来秋 収穫最盛期 ビート順調、小豆平年並み期待【十勝】

 十勝農業の主要産品のビートと小豆の収穫が最盛期となり、管内の今季の農作業シーズンは終盤を迎えた。ビートの生育は順調で、今週末から順次、管内3製糖工場で原料の受け入れが始まる。小豆は生育が遅れたが、平年並みの確保が期待されている。

保管場所に山積みされるビート(帯広市川西町)

製糖所12日以降順次受け入れへ ビート

 帯広市川西町の丸子弘一さん(62)は、ビートを移植・直播(ちょくはん)合わせて9ヘクタールで栽培。10日は午前7時ごろから親子2人で収穫を開始、掘り出したビートは次々と保管場所に運び込まれた。

 丸子さんは「秋に雨が多かったが、例年並みの収量になるのでは。ビートにとっては良い年になりそう」と話した。

 国内最大の処理能力を持つ日本甜菜製糖芽室製糖所は12日に操業を開始する予定。北海道糖業本別製糖所は15日から、ホクレン清水製糖工場は18日から受け入れを開始する。

 十勝管内の昨年のビート作付面積は2万5065ヘクタール、生産量は168万4191トン。全道の4割超を占めている。

平年より1週間遅れで始まった小豆の収穫作業(芽室町坂の上)

開始遅れるも「よく育った」 小豆

 芽室町坂の上の中捨智也さん(48)は10日、エリモショウズの畑2.5ヘクタールで収穫をスタート。5、6月の雨不足や高温の影響などで生育が遅れ、刈り取り開始も1週間ほどずれこんだ。今年は同じ株でも成熟度の違うさやが混在しており、畑ごとの仕上がり具合や天候を見極めながら収穫の判断をしている。中捨さんは「干ばつだったことを考えると、よく育ってくれて収量は平年並みになった」と語る。

 ホクレン帯広支所によると、管内の小豆の作付面積は今年、前年比で1割多い約1万4800ヘクタール。全道の7割を占める。収穫途中だが現時点で、作柄は平年並みの見通し。中捨さんも「3年前の台風や去年の不作があったけど、今年はおいしい小豆を届けられる」と話していた。

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...