北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

出来秋 収穫最盛期 ビート順調、小豆平年並み期待【十勝】

 十勝農業の主要産品のビートと小豆の収穫が最盛期となり、管内の今季の農作業シーズンは終盤を迎えた。ビートの生育は順調で、今週末から順次、管内3製糖工場で原料の受け入れが始まる。小豆は生育が遅れたが、平年並みの確保が期待されている。

保管場所に山積みされるビート(帯広市川西町)

製糖所12日以降順次受け入れへ ビート

 帯広市川西町の丸子弘一さん(62)は、ビートを移植・直播(ちょくはん)合わせて9ヘクタールで栽培。10日は午前7時ごろから親子2人で収穫を開始、掘り出したビートは次々と保管場所に運び込まれた。

 丸子さんは「秋に雨が多かったが、例年並みの収量になるのでは。ビートにとっては良い年になりそう」と話した。

 国内最大の処理能力を持つ日本甜菜製糖芽室製糖所は12日に操業を開始する予定。北海道糖業本別製糖所は15日から、ホクレン清水製糖工場は18日から受け入れを開始する。

 十勝管内の昨年のビート作付面積は2万5065ヘクタール、生産量は168万4191トン。全道の4割超を占めている。

平年より1週間遅れで始まった小豆の収穫作業(芽室町坂の上)

開始遅れるも「よく育った」 小豆

 芽室町坂の上の中捨智也さん(48)は10日、エリモショウズの畑2.5ヘクタールで収穫をスタート。5、6月の雨不足や高温の影響などで生育が遅れ、刈り取り開始も1週間ほどずれこんだ。今年は同じ株でも成熟度の違うさやが混在しており、畑ごとの仕上がり具合や天候を見極めながら収穫の判断をしている。中捨さんは「干ばつだったことを考えると、よく育ってくれて収量は平年並みになった」と語る。

 ホクレン帯広支所によると、管内の小豆の作付面積は今年、前年比で1割多い約1万4800ヘクタール。全道の7割を占める。収穫途中だが現時点で、作柄は平年並みの見通し。中捨さんも「3年前の台風や去年の不作があったけど、今年はおいしい小豆を届けられる」と話していた。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス