北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

北極海航路で試験輸入 コンテナ貨物は国内初-苫小牧港

コスコシッピンググループの関係者を招き、入港を歓迎した

 欧州と東アジアを最短ルートで結ぶ新たな海上物流ルート「北極海航路」を利用した貨物船が9日、苫小牧港・東港国際コンテナターミナル中央埠頭(ふとう)に入港した。2017年から始まり4隻目。今回は同航路によるコンテナ貨物の試験輸入が国内で初めて行われ、苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)の関係者が歓迎訪船した。岩倉会長は「ビジネスチャンスが広がる大きな第一歩」と期待を寄せた。

 入港したのは、中国海運大手コスコシッピンググループの貨物船「テンエン」(総トン数3万6000トン)。中国向けのウッドパルプと、船舶代理店の苫小牧埠頭(本社苫小牧市)が仲介した日本向け40フィートコンテナ20本分の住宅用製材を積み込み、9月13日にフィンランドのヘルシンキ港を出港。26日間かけて苫小牧港に入港した。

 船内の歓迎セレモニーには関係者約40人が参加。岩倉会長は「北極海航路の利活用を提言してきた中、今回のコンテナ貨物の輸送は苫小牧港にとって大変喜ばしい」とあいさつ。朱大云(ズゥ・ダユン)船長は「欧州と東アジアを結ぶ新しい航路を開拓し、これからも寄港するチャンスを増やしたい」と語った。

 船はコンテナ貨物を降ろした後、同日午後5時に中国へ向けて出港した。

 北極海航路は、地球温暖化の影響で北極エリアの海氷面積が減少する7~10月に航行できる。欧州と東アジアを結ぶ航路はスエズ運河経由の南回りルートが主流で、航行距離は2万1000キロに及ぶが、北極海航路は4割減の1万3000キロ。日数は約40日かかるところ、25日程度で輸送が可能となり、燃料消費量や排出ガス削減のメリットもある。

 荷主の西條産業(本社小樽市)の西條公敏常務は「輸送日数が大幅に短くなるため、海外企業との貿易取引における為替リスクを軽減できる」と利点を挙げる。

 岩倉会長は「まだ試験段階だが、日本経済に寄与できる大きな夢のあるチャレンジになる」と述べ、受け入れ拡大に向けた港湾整備の必要性を強調した。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...