北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

北極海航路で試験輸入 コンテナ貨物は国内初-苫小牧港

コスコシッピンググループの関係者を招き、入港を歓迎した

 欧州と東アジアを最短ルートで結ぶ新たな海上物流ルート「北極海航路」を利用した貨物船が9日、苫小牧港・東港国際コンテナターミナル中央埠頭(ふとう)に入港した。2017年から始まり4隻目。今回は同航路によるコンテナ貨物の試験輸入が国内で初めて行われ、苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)の関係者が歓迎訪船した。岩倉会長は「ビジネスチャンスが広がる大きな第一歩」と期待を寄せた。

 入港したのは、中国海運大手コスコシッピンググループの貨物船「テンエン」(総トン数3万6000トン)。中国向けのウッドパルプと、船舶代理店の苫小牧埠頭(本社苫小牧市)が仲介した日本向け40フィートコンテナ20本分の住宅用製材を積み込み、9月13日にフィンランドのヘルシンキ港を出港。26日間かけて苫小牧港に入港した。

 船内の歓迎セレモニーには関係者約40人が参加。岩倉会長は「北極海航路の利活用を提言してきた中、今回のコンテナ貨物の輸送は苫小牧港にとって大変喜ばしい」とあいさつ。朱大云(ズゥ・ダユン)船長は「欧州と東アジアを結ぶ新しい航路を開拓し、これからも寄港するチャンスを増やしたい」と語った。

 船はコンテナ貨物を降ろした後、同日午後5時に中国へ向けて出港した。

 北極海航路は、地球温暖化の影響で北極エリアの海氷面積が減少する7~10月に航行できる。欧州と東アジアを結ぶ航路はスエズ運河経由の南回りルートが主流で、航行距離は2万1000キロに及ぶが、北極海航路は4割減の1万3000キロ。日数は約40日かかるところ、25日程度で輸送が可能となり、燃料消費量や排出ガス削減のメリットもある。

 荷主の西條産業(本社小樽市)の西條公敏常務は「輸送日数が大幅に短くなるため、海外企業との貿易取引における為替リスクを軽減できる」と利点を挙げる。

 岩倉会長は「まだ試験段階だが、日本経済に寄与できる大きな夢のあるチャレンジになる」と述べ、受け入れ拡大に向けた港湾整備の必要性を強調した。

関連記事

室蘭民報

天皇陛下即位の喜びはためく…胆振地方でも祝福の声【胆振】

 天皇陛下即位を内外に宣言する即位礼正殿の儀が行われた22日、青年皇族や皇太子として訪れたことのある胆振地方でも、それぞれの行事に関わった人から当時の様子とともに祝福の声が聞かれた。 思い出の新...

室蘭民報

ニクスで令和生まれのペンギン3羽がパレードデビュー【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)で令和生まれのジェンツーペンギンの子ども3羽が22日、人気アトラクションのペンギンパレードに初登場し、愛きょうのあるしぐさで来園者を楽しませた。  3羽は今...

室蘭民報

働く仲間と連携を、地域活性化フォーラム開催【室蘭】

 連合北海道主催の地域活性化フォーラムin日胆が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれ、人口減少が進む地方で働きながら、持続可能な地域を目指した活性化への取り組み、連携の在り方を探った。  3...

室蘭民報

エゾシカメニューコンテストに有珠山SAも出品【伊達】

 NEXCO東日本北海道支社とネクセリア東日本札幌支店主催の「第8回エゾシカメニューコンテスト」が21日、札幌市内で開かれた。伊達市の有珠山サービスエリア(SA)を含む道内高速道路10カ所のSA...

室蘭民報

伊達高弓道部・大島さんが初の全国大会射止める【伊達】

南北海道大会で優勝  伊達高校弓道部の大島梨々香さん(17)=2年=が、第41回北海道高校弓道選抜大会南北海道大会兼第38回全国高校弓道選抜大会南北海道地区予選会の女子個人で優勝した。初の全国...