北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

観光誘致へツアー招待

二風谷アイヌ文化博物館を見学するツアーの一行や上田会長ら

 日高管内への台湾観光客の受け入れ強化に向け、日高地域日台親善協会(上田正則会長)は7、8日の両日、札幌に支店がある台湾関係旅行会社3社から担当者3人をツアー招待し、強風を体感できるえりも町の風の館や世界最大の油彩画を展示している新冠町の太陽の森ディマシオ美術館など管内の豊富な観光資源をアピールした。

 2014年(平成26年)に設立した親善協会は、官民挙げてオール日高で日本と台湾の結びつきを強化しており、日高地方への観光誘致に力を入れている。

 今回、台湾と道内ツアーなどを企画・催行している旅行業関係者を招聘。日高ならではの観光スポットを見てもらい、この提案ツアーで、今後の台湾観光客の日高ツアーの実現を目指す。

 ツアーには日本人2人と台湾人1人のツアー担当者が参加。札幌から日高入りし、上田会長も同行して、午後からえりも町の襟裳岬・風の館を見学。

 ヘリコプターによる豊似湖遊覧飛行は、ヘリの不調で中止になったが、夜に浦河町のうらかわ優駿ビレッジ・アエルを見学後、新ひだか町に移動し、夕食と意見交換会を行った。

 翌8日は、新冠町の太陽の森・ディマシオ美術館と平取町の二風谷アイヌ文化博物館を見学し、木彫りも体験。午後から日高町日高の乗馬施設アラビアン・ホース・ブランチで予定の体験乗馬は雨でできなかった。

 ツアー参加者は、部屋が広く料理体験もでき、乗馬施設があるアエルを高評価し、周辺の自然景観も称賛した。また、ディマシオ美術館の作品も特別なものとして関心を示した。

 台湾から道内へは「体験型」の観光を求める人が増加しているという。新千歳空港でキャンプ用具が一式そろったキャンピングカーを借り、道内観光を楽しむ観光客が増えているため、これらの客を管内誘致のターゲットにしてはという提案もあった。

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...