北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

うらかわ野球少年団優勝【日高】

優勝したうらかわ野球少年団

【日高】このほど地震災害復旧工事が終わった町営富川球場で5日、お披露目の開会式と第24回少年野球門別大会が開かれた。

 同球場は、昨年9月の胆振東部地震で大きな地割れが発生し使用不能となり、日本ハムファイターズのファンフェスティバルやクラウドファンディングなどで資金を集め復旧工事を行った。

 開会式で地元JBC日高ブレイヴ主将の飯泉百華(いいずみ・ももか)さんが「またここで野球が出来るのがうれしい。がんばります!」と元気いっぱい選手宣誓。

 駆けつけた日本ハムファイターズのマスコット、キツネの「フレップ」が愛嬌たっぷりに始球式を行い試合が開始された。

 日高町からJBC日高ブレイヴと日高ヤンキース、平取町から平取野球スポーツ少年団、新ひだか町からみゆきフェニックス、新冠町から新冠野球スポーツ少年団、浦河町からうらかわ野球少年団、えりも町からえりも岬野球少年団、胆振管内むかわ町から鵡川ジュニアファイターズの8チームが参加し熱戦を繰り広げた。

 決勝戦はJBC日高ブレイヴとうらかわ野球少年団の対決。結果はうらかわが高城太一、山田陽晴両投手の活躍で強豪JBC日高ブレイヴの追撃をかわし、6―3のスコアでみごと優勝を果たした。

 最優秀選手賞を獲得した高城太一投手は「6年生最後の大会で優勝できてうれしい」とニッコリ。子どもたちを指導してきた監督の佐藤克光さんは「両親など多くの人たちへの感謝の気持ちを忘れないでほしい」と子どもたちに優しい眼差しを投げかけていた。

 結果は次の通り。

 ▽一回戦 JBC日高ブレイヴ19―1鵡川ジュニアファイターズ、新冠野球少年団4―2みゆきフェニックス、うらかわ野球少年団13―6平取野球少年団、えりも岬野球少年団6―5日高ヤンキース

 ▽準決勝 JBC日高ブレイヴ9―2新冠野球スポーツ少年団、うらかわ野球少年団3―0えりも岬野球少年団

 ▽決勝 うらかわ野球少年団6―3JBC日高ブレイヴ

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...