北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大正期の支笏湖鮮明に100年前の写真10点見つかる 初代ヒメマスふ化場や山線橋も

地元の人々と100年前の写真を眺める入江さん(右)=支笏湖漁業協同組合

 大正期の元北海道大助教授が撮影した支笏湖や樽前山の写真10点が現存しているのが見つかった。約100年前の湖や山などの自然、当時の人々の姿が当時の写真機の記録媒体だったガラス乾板にモノクロで鮮明に捉えられており、往事の貴重な資料が確認された。撮影者は故小久保清治氏。カメラを好み、調査研究で支笏湖を訪れた際にも携えていたとみられる。

 埼玉県日高市の郷土史研究家、入江武男さん(72)が写真を発見した。プランクトン研究の権威だった小久保氏は1889年に同県高麗川村(現日高市)に生まれ、1908~11年に後の北大となる東北帝国大農科大(札幌市)で学び、卒業後は24年まで助教授として勤務した。東北大名誉教授も務めた。享年81。

 入江さんは小久保氏の生家と生前の自宅を訪ねる中で、残されていた写真をデジタルカメラで1枚ずつ撮影。その中に「姫鱒孵化(ひめますふか)場」の看板を掛けた建物の写真があるのに気付いた。

 後の調べで支笏湖の初代ヒメマスふ化場の建物と解明し、支笏湖漁業協同組合に複写した写真を郵送。道内で撮ったと推測される他の約200枚には場所や年月日などの情報がないため、この秋に同漁協を訪れて、同漁協をはじめ国立公園支笏湖運営協議会や支笏湖ビジターセンターの職員ら有志5人に見定めてもらっていた。

 年月こそ特定できなかったものの、道内で撮影した中の10点ほどが風景や建物の様子から撮影地が支笏湖周辺の写真であることが分かった。丸駒温泉旅館の露天風呂や樽前山の溶岩ドーム、砂利のままだった昔の湖岸などを確認した。いずれも当時は高価だったガラス乾板に被写体を映した形式で保存されていて、入江さんは「鮮明なまま残ってきた」と語った。

 鑑定に加わった千歳市支笏湖自治振興会の佐藤進会長は「人の顔まではっきり分かり驚いた。今もある旧山線(王子軽便鉄道)の橋も写っていて、かつての支笏湖を想像し、改めて歴史を感じた」と話す。佐藤さんらはこれからも写真の確認を進めたい考えだ。

 先人研究のため来道で成果を得た入江さんは「一部が支笏湖の写真と分かって良かった」と喜んでいる。100年を超えて残る画像記録を残した小久保氏の功績をたたえ、「1枚現像するのも大変な時代にカメラを持ち歩いていた。相当な興味があったのだろう」と当時の歩みを推察していた。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...