北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IRの米モヒガン社、苫小牧に事務所プレオープン

10日にプレオープンしたモヒガン社の苫小牧事務所

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の北海道誘致に意欲を示している米国事業者、モヒガン・ゲーミング・アンド・エンターテインメントの日本法人が10日、苫小牧市旭町のマンション兼テナントビル1階に苫小牧事務所をプレオープンした。IR事業者としては4社目。当面は週3日ほど営業し、道のIR誘致表明を受けて正式にオープンする方針だ。

 事務所は約155平方メートルの広さ。このうち半分程度のスペースを活用し、同社が世界各国で展開しているIRを8台の大型モニターを使って映像で紹介。パネルやポスター、パンフレットなども用意して同社のコンセプトをPRする。外部関係者とのミーティングスペースなども設けた。

 当面は毎週水曜日から金曜日までの3日間、午前10時から午後6時まで営業する。スタッフは1人を暫定配置する予定。

 マット・マウラー国際ビジネス開発マネジャーは、事務所開設の理由について「市民の皆さんに当社の開発ビジョンを知ってもらい、意見を頂く拠点などとして活用したい」と説明する。現在は仮営業の形だが、鈴木直道知事が年内に表明するIR誘致の判断結果を待って「(道が誘致すると決まれば)来年2月ごろまでに正式オープンし、フル営業に切り替える」と述べた。

 営業日は来場自由。不在時などの対応はメールで受け付ける。メールアドレスはinfo@inspire.ir.jp

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...