北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アヨロ海岸沿いの大岩 こんな場所から水が-白老

アヨロ海岸にある岩の亀裂から勢いよく出る水

 白老町虎杖浜のアヨロ海岸沿いに連なる岸壁の一部の岩から水が噴き出し始め、浜に訪れる人たちを驚かせている。岩の亀裂から勢いよく流出が続いており、アイヌ民族の伝説が残る地で突然のごとく起きた不思議な現象に、この海岸をよく知る人たちは「こんな光景は見たことがない」と珍しがる。

 水が出てきた岩は、アイヌ民族の神話の地「オソロコッ」や「カムイミンタラ」の付近にある。岸壁から突き出た高さ5メートルほどの大きな岩の下部から、水道の蛇口をひねったかのように水が噴き出ており、別の亀裂からも水がチョロチョロと流れ出ている。岩は波打ち際の近くにあるため、干潮の時間帯でしか確認できない。

 虎杖浜地区に住む男性(58)によると、今年7月中旬、海岸を散歩していた際に発見したといい、「虎杖浜で生まれ育ち、アヨロ海岸は幼少の頃からの遊び場。よく知っている所だが、こんな現象を目にしたことはない」と驚く。

 アヨロ海岸一帯の地層は倶多楽火山由来の岩石層で、岩棚を形成しており、海岸沿いに岸壁が連なる特異な景観をつくっている。アイヌ民族の神話が数々残る場所としても知られる。その岩壁の一部の岩から流れ出る水は、地層に染み込んだ雨水とも考えられるが、原因ははっきりしていない。

 アイヌ文化の調査で40年近くアヨロ海岸に通っているという苫小牧駒沢大学の岡田路明客員教授も「海岸には何度も足を運んでいるが、このような光景を見たのは初めてだ」と、謎めいた現象に首をかしげるばかりだ。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス