北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

懐かしのヨーカドー 旧店舗をジオラマに【音更】

 音更町柳町南区12の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」に、帯広市西3南9にあった旧イトーヨーカドービルと周辺の建物を緻密に再現したジオラマ(立体模型)がお目見えした。同ビルと周辺の建物は解体、再開発が進む中、同ビルがオープンした44年前の世界観が広がっており、十勝晴駅を運営する穂積規さん(59)も「下校時に友人と足しげく通った記憶が鮮明によみがえる」と話している。

旧イトーヨーカドーや周辺の建物を再現したジオラマと、後方から見つめる穂積さん

 制作者は、中札内村在住の会社員中川忠さん(47)。今年に入り、昭和50~60年代の芽室駅前通の街並みや、1981年に閉港となった旧帯広空港のジオラマを制作し、十勝晴駅に寄贈している。今回、約3カ月というこれまでに比べて短いスパンで完成させた。

 国内の鉄道模型の縮尺では一般的な150分の1サイズ。大きさは幅91センチ、高さ35センチ、奥行き50センチで、建物の素材は工作用紙を使っている。道内1号店として75(昭和50)年4月26日にオープンした当時の旧ヨーカドーが精巧に表現されており、中川さんがこれまでに制作した一つの建物の中でも最大級。「過去に同じものを作っていたが、納得いかずこのたび作り直した。前回の反省を生かしてより強度を持たせた」(中川さん)という。また、隣接する市営駐車場や帯広経済センタービルといった建物、電線、道路を走るバスのラッピング広告、看板のフォントなど細部まで忠実に再現している。

 今回のジオラマは、11月17日午前10時から午後4時まで町生涯学習センターで開かれる「郷土資料室秋の資料室まつり」でも展示される予定で、穂積さんは「写真で思い出せないことを、実際に見て感じ取ってほしい」と呼び掛けている。

 十勝晴駅の開館は毎週日曜午前10時~午後6時。入館無料。問い合わせは十勝晴駅(0155・31・8336)へ。

関連記事

日高報知新聞

静内ぺてかり吟社が「郷土俳誌ぺてかり八百号記念合同句集」を発行

【新ひだか】静内ぺてかり吟社(桑島敏会長、会員14人)はこのほど、「郷土俳誌 ぺてかり八百号記念合同句集」(A5版117ページ)を発行した。  合同句集は、岩﨑久子さんの「日日花」、池畠湖山さんの...

日高報知新聞

バス転換でJRと協議 7カ月ぶりの臨時町長会議

【新ひだか】日高管内臨時町長会議が4日、町公民館で開かれ、日高町村会が昨年11月に決めた運休が続くJR日高線鵡川―様似区間(116キロ)のバス転換の方針を受け、JR北海道が提示したバス転換への支援とな...

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス