北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

懐かしのヨーカドー 旧店舗をジオラマに【音更】

 音更町柳町南区12の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」に、帯広市西3南9にあった旧イトーヨーカドービルと周辺の建物を緻密に再現したジオラマ(立体模型)がお目見えした。同ビルと周辺の建物は解体、再開発が進む中、同ビルがオープンした44年前の世界観が広がっており、十勝晴駅を運営する穂積規さん(59)も「下校時に友人と足しげく通った記憶が鮮明によみがえる」と話している。

旧イトーヨーカドーや周辺の建物を再現したジオラマと、後方から見つめる穂積さん

 制作者は、中札内村在住の会社員中川忠さん(47)。今年に入り、昭和50~60年代の芽室駅前通の街並みや、1981年に閉港となった旧帯広空港のジオラマを制作し、十勝晴駅に寄贈している。今回、約3カ月というこれまでに比べて短いスパンで完成させた。

 国内の鉄道模型の縮尺では一般的な150分の1サイズ。大きさは幅91センチ、高さ35センチ、奥行き50センチで、建物の素材は工作用紙を使っている。道内1号店として75(昭和50)年4月26日にオープンした当時の旧ヨーカドーが精巧に表現されており、中川さんがこれまでに制作した一つの建物の中でも最大級。「過去に同じものを作っていたが、納得いかずこのたび作り直した。前回の反省を生かしてより強度を持たせた」(中川さん)という。また、隣接する市営駐車場や帯広経済センタービルといった建物、電線、道路を走るバスのラッピング広告、看板のフォントなど細部まで忠実に再現している。

 今回のジオラマは、11月17日午前10時から午後4時まで町生涯学習センターで開かれる「郷土資料室秋の資料室まつり」でも展示される予定で、穂積さんは「写真で思い出せないことを、実際に見て感じ取ってほしい」と呼び掛けている。

 十勝晴駅の開館は毎週日曜午前10時~午後6時。入館無料。問い合わせは十勝晴駅(0155・31・8336)へ。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...