北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

風にも負けず963人完走 とまこまいマラソン

号砲とともに一斉にスタートを切った10キロの選手たち=13日午前9時30分、市緑ケ丘総合運動公園陸上競技場

 スポーツの秋を家族で楽しむ第36回とまこまいマラソン大会(苫小牧民報社、苫小牧市、市体育協会主催)は13日、市緑ケ丘総合運動公園陸上競技場をメイン会場に開かれた。1歳から80代まで幅広い世代の市民ランナー、家族連れなど約千人が出場。台風一過の青空が広がった同運動公園と周辺の特設コースを駆け抜けた。同競技場内では「とまこまいスポーツフェス」も初めて開かれ、パラスポーツなど多様な競技の体験イベントが行われた。

 各地に甚大な被害をもたらした台風19号の本道への接近で実施が危ぶまれていた今年のとまこまいマラソン。早朝に雨が上がり、競技開始の午前9時半には秋らしい青空が広がった。それでも午前中は一時、風速10メートルを超す強い風が残り、体感的には晩秋のような寒さ。ランナーの負担を軽減するため、開会式などのセレモニーは中止となった。

 レースは午前9時半から予定通り開始。10キロを皮切りに、5キロ、3キロ、2・5キロの順に陸上競技場をスタートした。男子は畑中大志選手(29)=北極星AC=が34分58秒でこの種目2度目の栄冠、女子は柴田美幸選手(34)=阿部工業所=が42分18秒で初めて優勝した。

 大会は苫小牧陸上競技協会が共催し、実行委が主管。昨年は胆振東部地震と荒天の影響を懸念して中止となったため、2年ぶりの開催。苫小牧を中心に東胆振や日高、千歳、恵庭、札幌など道内外から1078人がエントリーし、963人が完走した。

 また、併催のスポーツフェスは、W杯の日本代表の活躍でがぜん注目されているラグビーや、上肢および下肢の切断障害を持った選手がプレーするアンプティサッカー(パラスポーツ)の体験コーナーなどが設けられ、家族や仲間で楽しむ姿が見られた。

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...