北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

さかなクン、サケを語る 自筆イラストでクイズ出題-千歳水族館25周年記念講演会

さかなクン(右)と菊池館長がステージでトークを繰り広げた

 サケのふるさと千歳水族館25周年・国際サーモン年記念イベント「さかなクンのギョギョッとびっくり―北海道のさかなとサケのお話―」が14日、北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)大ホールで午前と午後の2回開かれた。タレントさかなクンは水族館の菊池基弘館長とサケや魚の話題を繰り広げ、魚類全般に通じた深い知識を披露。地元をはじめ道内外から詰め掛けた親子ら合わせて2296人を楽しませた。

 流れる千歳川の川底をのぞく窓を持つ画期的施設として1994年9月のオープンから四半世紀。節目を記念したトークショーは、水族館を運営する千歳青少年教育財団主催、国立研究開発法人水産研究・教育機構北海道区水産研究所の共催。

 同財団の三ツ野仁代表があいさつで、今日の千歳の発展は空港をはじめ水質日本一の支笏湖を源とする千歳川を遡上(そじょう)するサケが大きな役割を果たしたと振り返り、「水族館で文化を育み、関係団体と連携して千歳川とサケを守りたい」と決意を語った。山口幸太郎千歳市長は「教育と観光施設の水族館で学び、楽しんでいただきたい」と歓迎の言葉を述べた。

 さかなクンが登場すると大きな拍手が湧き起こった。軽妙なおしゃべりと、舞台いっぱいに所狭しと飛び回るさかなクンのパフォーマンスに子供たちも大喜びしていた。

 さかなクンは「サケは世界で最も愛されている魚」と語り、自筆のイラストで5択クイズ。「サケはどれ」などと出題。会場の子供たちは元気いっぱいに手を挙げた。正解者は、さかなクンと菊池館長のサイン入り巨大イラストをプレゼントされ、ご機嫌だった。

 さかなクンは海がプラスチックごみで汚染され、魚たちが苦しんでいる現状をスライドで解説。「食べ物は感謝していただき、環境に配慮しマイボトルなどを携行してごみを減らし、ごみは決められた場所に捨てよう」と呼び掛けた。

 講演を楽しんだ当別小学校1年の小坂優馬君(6)は「大好きなさかなクンを見ることができてうれしかった。イラストコンクールに入賞したのでこれから水族館に見に行きます」と笑顔で話した。

 この日の来場者は午前1173人、午後1123人に上った。

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...