北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

さかなクン、サケを語る 自筆イラストでクイズ出題-千歳水族館25周年記念講演会

さかなクン(右)と菊池館長がステージでトークを繰り広げた

 サケのふるさと千歳水族館25周年・国際サーモン年記念イベント「さかなクンのギョギョッとびっくり―北海道のさかなとサケのお話―」が14日、北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)大ホールで午前と午後の2回開かれた。タレントさかなクンは水族館の菊池基弘館長とサケや魚の話題を繰り広げ、魚類全般に通じた深い知識を披露。地元をはじめ道内外から詰め掛けた親子ら合わせて2296人を楽しませた。

 流れる千歳川の川底をのぞく窓を持つ画期的施設として1994年9月のオープンから四半世紀。節目を記念したトークショーは、水族館を運営する千歳青少年教育財団主催、国立研究開発法人水産研究・教育機構北海道区水産研究所の共催。

 同財団の三ツ野仁代表があいさつで、今日の千歳の発展は空港をはじめ水質日本一の支笏湖を源とする千歳川を遡上(そじょう)するサケが大きな役割を果たしたと振り返り、「水族館で文化を育み、関係団体と連携して千歳川とサケを守りたい」と決意を語った。山口幸太郎千歳市長は「教育と観光施設の水族館で学び、楽しんでいただきたい」と歓迎の言葉を述べた。

 さかなクンが登場すると大きな拍手が湧き起こった。軽妙なおしゃべりと、舞台いっぱいに所狭しと飛び回るさかなクンのパフォーマンスに子供たちも大喜びしていた。

 さかなクンは「サケは世界で最も愛されている魚」と語り、自筆のイラストで5択クイズ。「サケはどれ」などと出題。会場の子供たちは元気いっぱいに手を挙げた。正解者は、さかなクンと菊池館長のサイン入り巨大イラストをプレゼントされ、ご機嫌だった。

 さかなクンは海がプラスチックごみで汚染され、魚たちが苦しんでいる現状をスライドで解説。「食べ物は感謝していただき、環境に配慮しマイボトルなどを携行してごみを減らし、ごみは決められた場所に捨てよう」と呼び掛けた。

 講演を楽しんだ当別小学校1年の小坂優馬君(6)は「大好きなさかなクンを見ることができてうれしかった。イラストコンクールに入賞したのでこれから水族館に見に行きます」と笑顔で話した。

 この日の来場者は午前1173人、午後1123人に上った。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...