北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

さかなクン、サケを語る 自筆イラストでクイズ出題-千歳水族館25周年記念講演会

さかなクン(右)と菊池館長がステージでトークを繰り広げた

 サケのふるさと千歳水族館25周年・国際サーモン年記念イベント「さかなクンのギョギョッとびっくり―北海道のさかなとサケのお話―」が14日、北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)大ホールで午前と午後の2回開かれた。タレントさかなクンは水族館の菊池基弘館長とサケや魚の話題を繰り広げ、魚類全般に通じた深い知識を披露。地元をはじめ道内外から詰め掛けた親子ら合わせて2296人を楽しませた。

 流れる千歳川の川底をのぞく窓を持つ画期的施設として1994年9月のオープンから四半世紀。節目を記念したトークショーは、水族館を運営する千歳青少年教育財団主催、国立研究開発法人水産研究・教育機構北海道区水産研究所の共催。

 同財団の三ツ野仁代表があいさつで、今日の千歳の発展は空港をはじめ水質日本一の支笏湖を源とする千歳川を遡上(そじょう)するサケが大きな役割を果たしたと振り返り、「水族館で文化を育み、関係団体と連携して千歳川とサケを守りたい」と決意を語った。山口幸太郎千歳市長は「教育と観光施設の水族館で学び、楽しんでいただきたい」と歓迎の言葉を述べた。

 さかなクンが登場すると大きな拍手が湧き起こった。軽妙なおしゃべりと、舞台いっぱいに所狭しと飛び回るさかなクンのパフォーマンスに子供たちも大喜びしていた。

 さかなクンは「サケは世界で最も愛されている魚」と語り、自筆のイラストで5択クイズ。「サケはどれ」などと出題。会場の子供たちは元気いっぱいに手を挙げた。正解者は、さかなクンと菊池館長のサイン入り巨大イラストをプレゼントされ、ご機嫌だった。

 さかなクンは海がプラスチックごみで汚染され、魚たちが苦しんでいる現状をスライドで解説。「食べ物は感謝していただき、環境に配慮しマイボトルなどを携行してごみを減らし、ごみは決められた場所に捨てよう」と呼び掛けた。

 講演を楽しんだ当別小学校1年の小坂優馬君(6)は「大好きなさかなクンを見ることができてうれしかった。イラストコンクールに入賞したのでこれから水族館に見に行きます」と笑顔で話した。

 この日の来場者は午前1173人、午後1123人に上った。

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...