北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウトナイ湖に水鳥大群 秋の渡りシーズン迎える

ウトナイ湖を一斉に飛び立つマガンの群れ=14日午後1時40分ごろ

 マガンやヒシクイなど水鳥の大群が、苫小牧市植苗のウトナイ湖に次々と舞い降りている。秋の渡りシーズンを迎え、湖面で羽を休めたり、次の目的地に向けて一斉に飛び立ったりする姿を観察できる。絶好のバードウオッチングシーズンが到来した。

 秋の渡りは、繁殖地のロシア極東方面から越冬地の本州方面に向かうための行動。

 ウトナイ湖では、ヒシクイが昨年と同日の9月11日に今季初観察されたのを皮切りに、マガンが9月20日、コハクチョウが10月4日、オオハクチョウが同月11日に次々と到来し、数を増やしている。同月10日、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターがカウントしたところ、ガンカモ類は今季最高の約9000羽に上った。

 同センターの瀧本宏昭レンジャー(32)は「秋の渡りは昼間でもガン類が飛び立つのを見られるのが特徴」と説明。「とても観察しやすいので、ぜひ多くの人にウトナイ湖を訪れてもらいたい」と話している。

 例年11月下旬まで観察できる。

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...