北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ゆで落花生」発売へ グランナッツ初の加工品【帯広】

 産学官金連携で十勝の落花生産地を目指す「十勝グランナッツLLC(合同会社)」(帯広、田中一郎代表)は、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」を商品開発した。初の自社加工品で、十勝産落花生のおいしさを広く発信するのが狙い。今月末からの限定販売を予定している。

新商品「レトルトゆで落花生」を手にする田中代表(中央)ら

 LLCは、2017年8月に開始した同名のプロジェクトのメンバー有志、NTTデータ経営研究所(東京)やエア・ウォーター十勝食品(更別)、田中代表、増田正二帯信金相談役、帯畜大の秋本正博准教授などが出資し7月に設立。落花生の栽培や加工技術の確立、1次加工などを担う。同時に、連携する芽室の農業者中心に生産者組合(LLP)も立ち上げ、栽培から販売のバリューチェーン(価値の連鎖)化を進める。

 新商品は、芽室町の生産農家で収穫、洗浄した落花生を短時間のうちに味付け、パッケージ化して加熱・加圧処理した。「袋から加熱するので、水でゆでるのに比べ、うまみが逃げない」と田中代表。常温管理できるのも特徴。レトルト設備があるエア・ウォーター十勝食品が製造を担当し、品質などの監修は、協力事業者の大手食品メーカー・ソントン(東京)が全面協力した。

 希望小売価格は1パック(200グラム入り)680円(税抜き)。プロジェクトメンバーのコープさっぽろの十勝3店(かしわ、ベルデ、さつない)と札幌で販売予定で、今後販売先を増やす。1万パック限定。田中代表は「LLCは将来、落花生のペーストなど1次加工品を各関連製造業に卸し、企業の成長につながる活動を目指すが、まずはおいしさを認知してもらいたい」と話している。問い合わせは田中代表(080・3127・6812)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...