北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

本番へ立ち稽古重ねる 来月10日に公演「遭難、」-市民参加演劇祭実行委

 苫小牧市民参加演劇祭の実行委員会(須藤夏菜子代表)は、11月10日午後2時から市文化会館で、第27回公演「遭難、」を開く。第71回市民文化祭(9月28日~来年2月2日)に合わせた企画で、公募の市民も出演する。

 「遭難、」は劇作家で、女優の本谷有希子さんが手掛けた2006年度の第10回鶴屋南北戯曲賞受賞作。中学校の放課後の職員室を舞台に、生徒の自殺未遂事件の責任転嫁、疑心暗鬼を描いたブラックコメディーという。

 市内の劇団「群'73」の役者や公募で集まった16~53歳の市民7人が出演。演出は市内大町にあった小劇場スタジオラボ支配人の鈴木龍也さん(39)が担当する。

 練習は、市内光洋町の稽古場で9月5日に開始。10月に入ってからは毎晩約2時間、場面ごとの立ち稽古などを重ねている。札幌市など遠方に勤務する出演者もいるため、全員が集まる機会はほとんどないが、16日は勢ぞろい。鈴木さんから序盤部分の演技指導を受けていた。今月下旬にも通し稽古を行う。

 主人公の女性教諭、里見を演じる須藤代表(31)は、「内面の心情をどんどんあらわにしていくような芝居が見どころ」と強調。「現代的なテーマがどれだけ受け入れられるか不安もあるが、挑戦するような気持ちで臨みたい」と意気込む。

 チケットは一般1000円、高校生以下500円。市民会館や文化会館、市文化交流センターなどで扱う。無料託児(11月6日午後8時までに事前予約が必要)もある。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...