北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

被災地の新米アピール JAとまこまい広域青年部が道庁訪問、知事と懇談

鈴木知事に新米をアピールした被災地のJAとまこまい広域青年部=16日午後、道庁

 昨年9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ町を含むJAとまこまい広域青年部(中澤和晴部長)は16日、道庁を訪れ、鈴木直道知事に今年収穫した新米「たんと うまい(胆東米) ななつぼし」をアピールした。懇談後、新米を試食した知事は「私も皆さんと共にしっかりPRをさせていただきたい」と笑顔を見せた。

 昨年は地震の影響で収穫量が減ったが、今年は「平年作ぐらい。食味は良い」(青年部)という。

 この日は黄色い法被姿で青年部7人が道庁を訪問。中澤部長は「私たちは100人弱の青年部。厚真、安平、むかわ、白老町とまさに胆振東部地震で大きく被災した地域が含まれるJA」と説明し、地震で「農業用倉庫や機械、畑に土砂が流入したり、崖崩れで水田の面積が減ったりなどの被害があった」と報告した。新米については「私たちは、また一歩踏み出して米作りに励んできた。令和元年、天気も良く、無事、今年も米が収穫できた」とPRした。

 鈴木知事は「『たんと うまい』はネーミングもユニーク」と語り掛け、「前向きに皆さんが取り組んできた結果。収穫されたお米を届けていただき、大変うれしく思う」と年齢が近い青年部と和やかに懇談。「全国、道内の皆さんにお届けするお米を多くの方々に手に取っていただき、食べていただくことが皆さんの一層の励みになると思う」と述べた。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...