北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

絶品スープに大絶賛 鹿部が27日に函館でレストラン開店【鹿部】

試食する盛田町長(左から2番目)ら

 【鹿部】世界料理学会が28、29日に函館市で開催されるのに合わせて、町は27日に函館で初の単独イベント「鹿部A級グルメ出張プチレストランin函館」を港の庵(函館市大町8)で開く。イベントを前に町のボランティア団体「一歩の会」(小原耕平代表)は本別中央会館で、レストランで提供する地元食材を使ったブイヤベース風スープ「鹿部の絶品、ペシェ(魚)スープ」の試食会を開いた。

 A級グルメのまち・鹿部町と町の食材の良さをPRしようと1日限定の出張レストランを開店。同会は町から依頼を受けて地元食材をPRするレシピを考案し、自慢の海産物を生かしたブイヤベース風のスープを提供する。具材は鹿部産のエビ、ツブ、ホタテ、イカ、ワタリガニ、ムール貝、ソイ、アブラコ、カジカ、ガヤの10種類の魚介類に加え、ニンニクやサフランも地元の食材を使用した。

 試食会には、盛田昌彦町長と役場職員、同会の会員らが参加。トマトベースと昆布だしベースの2種類を食べ比べ、10種類の魚介から出た濃厚なスープに参加者は大絶賛だった。

 盛田町長は「すごくおいしくて、自慢のスープになった。絶対に喜んでもらえると思う」とし、小原代表は「鹿部は海の幸がとても豊富なので驚くと思う。これを機に鹿部を知ってもらって、函館の人にもっと遊びに来てもらいたい」と話している。

 イベントは27日午前11時~午後4時。スープとパンのセットを500円(50食限定)で販売するほか、鹿部たらこパスタ研究会のたらこパスタを500円、町内の喫茶店「夢紀行」はブルーベリージュースとコーヒーを300円で提供する。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス