北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

地方創生やJR支援など決議 国の病院再編公表を疑問視-道市長会定期総会

定期総会であいさつする千歳市長の山口会長=17日午後、ホテルポールスター札幌

 北海道市長会(会長・山口幸太郎千歳市長)は17日、札幌市内で2019年秋季定期総会を開き、地方創生やJR北海道の安定的な経営に向けた支援など4項目の決議案を採択した。

 総会には全道32市の市長が出席。山口会長は冒頭のあいさつで「胆振東部地震から1年が過ぎたが、復旧は道半ば。一日も早い完全復旧を目指したい」と述べたほか、厚生労働省が再編・統合の議論が必要と公的病院名を公表したことにも触れ「地域事情が考慮されているとは言えず、唐突だ。議論を注視しながら、北海道市長会としても対応を検討したい」と疑問視した。

 決議したのは▽地方創生▽自由貿易協定▽JR北海道の支援▽地方行財政・社会保障制度改革・エネルギー政策と原子力発電所―の4項目。JRについては①経営再建に向けた抜本的な見直し②老朽化した施設の保全・更新や災害対応③貨物列車の運行における負担の軽減④増収策⑤安全運行体制の構築―など7項目にわたり国の支援を求めた。地方創生については、東京圏一極集中の是正に向け「本社機能を地方へ移転する場合の優遇税制の拡充」や「各年度の地方財政計画には地方創生に係る歳出を確実に計上し、十分な財源を確保すること」などを求める。

関連記事

根室新聞

不用のカレンダー集め リサイクル市にぎわう【根室】

 ねむろ図書館友の会(高僧良子会長)の「第14回カレンダー・リサイクル市」が25日、市図書館2階の集会室で始まり、好みのカレンダーを求める市民でにぎわいを見せている。26日も午前10時から午後...

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...