北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

カシューナッツアイスを共同開発 萠運輸と北日本広告社-苫総経高生徒のアイデアも

苫小牧総合経済高校の生徒の意見に耳を傾ける近澤社長(中央)

 苫小牧市の萠運輸(拓勇西町)が、カンボジアの自社農園で生産したカシューナッツを原料に使うアイスキャンディー開発を進めている。市内元中野町の北日本広告社苫小牧支社との共同で、札幌市のアイス専門店の協力を得ながら来年2月ごろまで試作と改良を重ね、市場ニーズに合った開発を展開。来年4月ごろの商品化を目指す。市場可能性を探る手法として、通常は資金調達を目的とするインターネット上のクラウドファンディング(CF)を活用するユニークな取り組みで、その成果が注目されそうだ。

 萠運輸は2018年度に市のイノベーションマッチング事業を活用し、カンボジアでカシューナッツ栽培をスタート。来年をめどに最初の生産品を日本に輸出する見通しだ。

 北日本広告社とのアイス共同開発は今年度に実施した同事業がきっかけ。若年層向けの需要先として可能性があること、さらに北日本社の社員が札幌のアイス専門店「アイスタッシュ」とつながりがあったことから新たな事業展開の可能性を探ることを決めた。

 すでに新商品開発は始まっており、若い世代の意見を反映させるため、苫小牧総合経済高校マーケティング部が全面協力。今月16日には同部員12人が集まり、開発するアイスについてアイデアを出し合った。25日には両社の担当者に発表する予定といい、伊藤真羽部長(2年)は「みんなが好きな味のアイデアを出し合っている。たくさんの人がおいしく食べてもらうようなアイスを作りたい」と意気込みを語る。

 萠運輸の近澤洋太社長は高校生たちが話し合う様子を見ながら、「カシューナッツの形から『三日月』と表現する声が新鮮だった」と大きな期待を寄せる。これらのアイデアはアイスタッシュに持ち込み、製品化が可能かどうかを検討する予定で、北日本広告社の大山龍宏主任は「われわれには出せないアイデアを生かしたい」と話す。

 試作品は来年2月ごろまでに500個程度を作る考えで、CFの出資者の世代や性別などをマーケティングし、市場可能性を確認する。支援者にはアイスキャンディーを返礼品とする予定。

 出資者から募った意見などを参考に改良を重ね、4月ごろの本格販売を目指す。近澤社長は「新商品化に挑戦し、ゆくゆくは苫小牧の名物にしたい」と笑顔で話している。

関連記事

苫小牧民報

防災考える機会に 小中教職員が胆振東部地震の土砂崩れ現場を視察-厚真

 厚真町の小中学校の教職員を対象にした防災学習の研修会が6日、町内で開かれた。2018年9月に発生した胆振東部地震で、大きな土砂崩れに見舞われた幌内地区の厚真川水系日高幌内川の現場などを視察した...

苫小牧民報

今季第1号!きれいなイケメンザケ 千歳水族館水中窓で観察

 千歳川の川底を見ることができる千歳市花園2の「サケのふるさと千歳水族館」の水中観察窓で6日、今季第1号となるシロザケを確認した。  この日午前11時30分ごろ、入館者が発見し、駆け付けた同館...

日高報知新聞

50%お得な商品券発行【新ひだか】

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな分野に広がり地域の下支えが必要なことから、地域経済を循環させ活性化を図ることを目的に、50%お得な「新ひだか町プレミ...

日高報知新聞

瓶詰日本酒 海底で2カ月熟成【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協や新ひだか観光協会などで組織する「新ひだか町地酒づくり協議会」(会長・佐藤雅裕観光協会長)はこのほど、海底に約2カ月間貯蔵した日本酒「海桜丸(かいおうまる)」(瓶詰720㍉...

室蘭民報

モデル地区に「白鳥大橋」 国交省「インフラツーリズム」に道内初の選定【室..

「稼ぐ観光」へ弾み  ダムや発電所など大型公共施設を観光資源として活用しようと、国土交通省が進める「インフラツーリズム 魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に道内で初めて室蘭市の白鳥大橋が選ばれ...