北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症に関する理解を深める。全国約20の信金で同様のセミナーを行っており、道内では同信金が初めて開催する。

来場を呼び掛ける(右から)五十嵐推進役、橋本和樹考査役

 講演では、KUMON学習療法センター(東京)の橋口健・普及サポート部長が、脳機能の活性化と認知症の改善・予防に効果があるとされる「学習療法」について話す。この療法では、コミュニケーションを取りながら簡単な読み、書き、計算を行うことで、脳機能の維持・改善を図る。セミナーでは、家庭でできる簡単な方法も紹介する。

 講演後は、同療法を米国の福祉施設で実際に用いた様子を描いたドキュメンタリー映画「僕がジョンと呼ばれるまで」を上映する。認知症の高齢女性が学習療法を続けた結果、症状が改善していく様子から、認知症との向き合い方や、自分らしい人生の送り方を探る。

 同信金では以前から、新入職員に「認知症サポーター養成講座」を受講させるなど、認知症の人と正しく接するための取り組みを続けてきた。今回は、地域全体として認知症への理解を深めることも地域貢献につながることと考え、セミナーの開催を決めた。

 帯広信金営業推進部の五十嵐弓子推進役は「いつ身近な人が認知症になるか分からない時代。ほかの地域で開催された際も、参加してよかったという声を多く聞いた。セミナーで理解を深めてもらい、映画で、温かい気持ちになってもらいたい」と参加を呼び掛けている。

 定員300人。申し込みは近隣の同信金本・支店か、営業推進部へファクス(0155・24・3348)で。参加者の名前、住所、電話番号を伝える。

 問い合わせは同部(電話0155・67・5279)へ。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...