北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

希少大豆の豆腐を帯農生徒が試食販売 フクハラで好評【帯広】

来店客に試食を勧める帯農高生

 帯広農業高校(二木浩志校長、生徒587人)が栽培した希少な「青雫大豆」を使った豆腐の試食販売会が19日、帯広市内のぴあざフクハラ西帯広店で催された。数量限定だったが、時間内に完売した。

 スーパーを運営する福原(帯広)が地域の高校生の活動を応援しようと、初めて企画。製造は中田食品(帯広、貴戸武利社長)が担当した。貴戸社長は「青雫は十勝では珍しい。豆腐にすると薄緑色がきれいで、うま味も強い」と話す。

 この日は生徒12人が来店客に試食を呼び掛けながら商品をPRした。1パック185円(税抜き)で販売し、次々と売れた。近くに住む軍司次男さん(80)は「豆の味がする。高校生の頑張りに感心」と力説。農業科学科3年生は「高校の活動を広く知ってもらう機会になった」と笑顔だった。

 450パック用意した商品は完売した。福原販促企画室の宮崎雅博さんは「地元高校のレベルの高さに驚く。今後も発信する機会をつくっていきたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...