北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

商議所、栗林会頭が続投へ…全副会頭も留任【室蘭】

栗林和徳氏

来月正式決定

 室蘭商工会議所の今秋の役員改選で、現職の栗林和徳会頭(61)が次期も続投する見通しとなったことが、23日分かった。現在3期目。11月1日に開かれる臨時議員総会で正式に決まる。任期は1期3年。現任の副会頭は全員留任する方向で調整している。

 栗林氏は室蘭民報社の取材に「これまで会頭を4期続けた人はいないが、あと1期だけということで考えている」と述べた。

 2001年(平成13年)から常議員、07年副会頭、10年から会頭。1990年(同2年)栗林商会代表取締役社長。室蘭港湾振興会会長、登別観光協会(現登別国際観光コンベンション協会)会長を歴任。現在、室蘭テクノセンター理事長、パプアニューギニア北海道地区名誉領事。室蘭市出身。小樽商科大学卒。

 室蘭経済は市街地のにぎわい創出に向けた中央地区の再整備や宮蘭フェリーの安定就航、市外への人口流出のほか、消費税増税による商工業者への影響が懸念されるなどの重要課題に直面している。その中で、栗林氏はこれまで商工会議所を含めた関連団体との連携も強化に尽力したほか、むろらん商店街づくりサポートセンター設立や港湾振興などを推進した。

 現任期中には「地元企業のプロモーション」「活力ある街のプロデュース」「未来を担うキャリア人材育成」の三つの「P」を推進するなど、地域経済の基盤強化を図ってきた。

 留任の見通しとなっている副会頭は、中田孔幸・東海建設代表取締役(66)、松永英樹・室蘭市商店街振興組合連合会理事(58)、氏家義太郎・日鉄ファーストテック代表取締役社長(65)、山田隆秀・室蘭信用金庫理事長(57)。事務方では山田一正専務理事(56)、平田吏常務理事兼事務局長(63)。

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス