北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

良質ビートの甘~い香り、道南製糖所で製糖作業始まる【伊達】

ベルトコンベヤーで運ばれる泥んこのビート=23日

 北海道糖業道南製糖所(伊達市館山下町、秦泉寺敦所長)でビート(テンサイ)の製糖作業が始まった。甘い香りが漂い、煙突からはもくもくと水蒸気が上がる。天候に恵まれた今季は原料が良質で、製糖量は平年をやや上回る4万2千トンほどを見込んでいる。

 16日からビートを受け入れ、17日から操業を開始した。胆振、日高、渡島、石狩、桧山、後志の各管内の作付面積計4347ヘクタールで収穫した物を受け入れる。今季は雨が少なく、原料は平年並みか、やや大きめ。平年並みの25万トンを確保する見通し。糖度は16・7%程度で平年並みという。

 工場周辺はビートを満載したトラックやトレーラーが行き交う。順番にベルトコンベヤーに泥の付いたビートを降ろし、工場内に搬入。洗浄し、切り刻んで糖分を抽出、約16時間かけて砂糖にする。1日約3千トンの原料を処理する。

 ビートは朝晩の寒暖差があることで糖分が増すという。総務課では「今季は雨が少なく、ビートが健康なので今後も糖分は伸びるだろう」と期待を込める。原料の受け入れは12月22日ごろ、製糖作業は来年1月24日ごろまで24時間体制で続く。

 完成した砂糖は「ほのぼの印」で愛されるグラニュー糖、上白糖で店頭に並ぶ。

関連記事

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

十勝毎日新聞

「濃い」豆乳飲料できた! 「マメトペ+」【帯広】

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 藤丸 予約例年の2倍【帯広】

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、19日午前0時に解禁され、十勝管内でも早速、店頭に並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で外食の需要が低下しているさなかの解禁だが、販売...

十勝毎日新聞

酒蔵「碧雲蔵」ショップオープン【帯広】

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス